なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ゆうれいフェルピンの話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゆうれいフェルピンの話

  • 絵本
作: アストリッド・リンドグレーン
絵: イロン・ヴィークランド
訳: 石井 登志子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1993年
ISBN: 9784001106183

4.5歳以上

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

おばあちゃんの家にあそびに行ったわたしとおにいちゃんは,100年も昔のゆうれいフェルピンのとてもこわい話をききます.ところがその帰り道の森のなかでわたしはフェルピンにつかまってしまうのです.

ベストレビュー

何度聞いても怖い幽霊のお話のお話

何度聞いても怖くて、興味をそそる幽霊のお話。
そのお話を聞くのが楽しみな私とお兄さん。
そして、おばあさんが100年前のお話だと言いながら、絵本の中で「ゆうれいフェルピン」の話をしてくれます。
そのお話を私が読んでいるのですが、ヴィークランドの絵と重ねて、本当に怖いお話です。
そんな怖さが兄妹にはたまらないのです。
二人がおばあちゃんの家から帰る途中、丘の中で夜になってしまいました。
「フェルピン」が出そう。
なんだかリアルさがあって、何度読んでも怖〜いお話でした。

(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アストリッド・リンドグレーンさんのその他の作品

名探偵カッレ 地主館の罠 / やかまし村の春夏秋冬 / 名探偵カッレ城跡の謎 / やかまし村の子どもたち / ピッピ南の島へ / ピッピ 船にのる

イロン・ヴィークランドさんのその他の作品

わたしもがっこうにいきたいな / ぼくもおにいちゃんになりたいな / 大型絵本 ながいながい旅  / 聖なる夜 / やかまし村のクリスマス / 雪の森のリサベット

石井 登志子さんのその他の作品

決定版 長くつ下のピッピの本 / リーサの庭の花まつり / リンドグレーンの戦争日記 / ひみつのいもうと / こんにちは、いたずらっ子エーミル / 暴力は絶対だめ!


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > ゆうれいフェルピンの話

世界中で愛されている犬、ニッパーと家族の絆をめぐる物語

ゆうれいフェルピンの話

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット