新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
新刊
この まちの どこかに

この まちの どこかに(評論社)

2019年ニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞受賞作!

  • ギフト
  • その他
きいろいてがみ

きいろいてがみ

作: おおるいひろこ
絵: たなか鮎子
出版社: 新風舎

本体価格: ¥1,500 +税

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年08月
ISBN: 9784289012626

出版社からの紹介

夏の夜にきいろいひかりが繰り広げる美しく幻想的な「ゆうすずみかい」―― 
ある日、ぼくがおじいちゃんとの散歩の途中、「ポチャポチャばし」で出会った不思議な男の子。ころんでけがをしていたので、家に連れていき薬を塗ってあげます。その子のおうちまで送ってあげようと思ったのですが、男の子は「ぼく、おひさま にがてです」と、目をパチパチさせながらひとりで帰っていきました。
それから幾日かすぎて、きれいなきいろい手紙が届きました。そこには「こんどのどようび よる8じ ポチャポチャばしへ きてください。」と書いてありました―― 
おこさま、ご家族のみなさまにおすすめの絵本。

ベストレビュー

心の温かさを感じます

蛍、今では自分達の生活圏内で、普通に見られることはなかなかありませんね。
私も大人になってから、蛍の放流を行っている場所でした見たことがありません。
そんな時代ですから、おじいちゃんが昔を懐かしんで、孫のゆうたに蛍を見せてやりたいと思う気持ちが、しみじみと伝わってきました。

ぽちゃぽちゃ橋がかかっている川が綺麗なのかどうかは分からないので、黄色いズボンの男の子が何故そこにいたのかは謎ですが、おじいちゃんとゆうたの優しさが伝わって、蛍の美しい姿を見ることが出来て、何だかほのぼのとしました。

(hime59153さん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

たなか鮎子さんのその他の作品

人形つかいマリオのお話 / ルナのたまごさがし / クリスマスマーケットのふしぎなよる / はだかのおうさま / うらしまたろう / フィオーラとふこうのまじょ



出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

きいろいてがみ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット