話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
絵本 江戸のたび

絵本 江戸のたび

  • 絵本
作: 太田 大輔
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年11月20日
ISBN: 9784065175705

36ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

江戸の町の風景と、そこに暮らす人々のようすを、綿密な絵で紹介し、好評を得た『絵本 江戸のまち』の続編です。今回は、江戸から伊勢神宮までの江戸時代の旅のようすを紹介します。
 当時の旅のようすが正確に描かれているのはもちろん、人間の表情やしぐさがひとりひとり、情感豊かにいきいきと描かれているので、眺めているだけでも楽しく、昔の人と同じような旅をしている気分になれます。

 案内役は、昔から東京に棲みついていて町の移り変わりを見てきたという設定の「妖怪小僧」というキャラクター。
 その妖怪小僧や、他の「隠れキャラ」たちが場面のどこか隠れているという仕掛けもあり、「さがしもの」絵本としても楽しめます。

●おもな内容
原宿の富士
江戸のまち
朝の日本橋
高輪の別れ
品川宿
箱根の関所
薩た峠と駿河湾
大井川の渡し
赤坂の宿場
岡崎の大名行列
桑名の渡し
宇治橋と参道
伊勢神宮

ベストレビュー

知らなかったことがたくさん

漠然とイメージはあったのですが、品川の近くが海だったとか、歩きだけでなく舟も利用していたとか知らないことがたくさんありました。
当時の人はけっこう旅を楽しんでいたんだろうな。
探し絵もほどほどに難しくてよかったです。
(ミキサー車さん 40代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


太田 大輔さんのその他の作品

千びきおおかみ 日本のこわい話 / 絵本 江戸のまち / まげすけさんとしゃべるどうぐ / カラクリ江戸あんない / 鬼の子太郎 / かこ・さとし かかぐの本 (1) ぼくのいまいるところ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本歴史 > 絵本 江戸のたび

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

絵本 江戸のたび

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット