宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ふってきました
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふってきました

  • 絵本
作: もとした いづみ
絵: 石井 聖岳
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年01月
ISBN: 9784061323407

みどころ

 つるこちゃんがお母さんにあげるためのお花を摘んでいます。そしてその空は・・・
「いまにもふってきそうなそらです。」
 どんよーり雲ってて、本当に今にも何か降ってきそうな空なのです。でも何かって?あーその先は言いたくない。でも少しだけ言っちゃうと・・・。
 なんと、ワニがふってくるのです!そして次はぞう!!そして次は!?どしーん!何てことでしょう。
「きょうはほんとうによくふってくるひです。」
 こんなに突拍子のない、とんでもない事が起きてるのになんて素敵な話に仕上がっているのでしょう。趣まで感じちゃう。何ででしょうか。空から動物が降ってくる、しかもつる子ちゃんの所に次々と。この必然性があるのか無いのかわからない出来事が余計な説明は一切なしで淡々と起きるだけ。その独特の間を見ていると勝手に色々考えちゃうのかもしれません。もしかしたら、どこかにつながってる?つる子ちゃんが無意識で呼んだの?とか、つる子ちゃんには必要な出来事だったの?とか。
 そしてこの独特の世界観を演出しているのが絵。ふってきそうな空の様子、ふってくる動物達の格好、つるこちゃんの表情、景色。もう雰囲気が抜群です。お母さんの登場シーンが一番素敵ですが。表紙を見る限りでは想像もつかないトンデモナイおもしろ体験を是非味わって!

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

びっくりさせて ごめんね。
空からふってきたものは、いったい……?思わず笑顔になる絵本

ベストレビュー

色々な生きものが降ってきます

このお話は、お花を摘んでいた女の子の所に空から色々な生きものが降ってくるお話でした。うちの子は大きな動物も普通に降ってくるのが面白かったみたいで、「こんな大きさの生き物降ってきたら大変じゃない〜!?」って言いながら大笑いで見ていました。
(イカリサンカクさん 30代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


もとした いづみさんのその他の作品

ないしょのオリンピック / うんどうかいセブン / おおあたり! / 転校生は忍者?! / もも もも てんしの かぞえうた / さつまいもおくさん

石井 聖岳さんのその他の作品

だれもしらない図書館のひみつ / とりづくし / ぼくはなきました / どうぶつ四文字熟語えほん / たんじょう会はきょうりゅうをよんで  / こんやはてまきずし



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その7

ふってきました

みんなの声(50人)

絵本の評価(4.51

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット