ねずみくんのきもち ねずみくんのきもち
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
いじめや自殺の多い今、「おもいやり」や「想像力」の大切さを教えてくれる、ねずみくんからこどもたちへのメッセージ。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
うさぎのいえ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うさぎのいえ

  • 絵本
作: 内田 莉莎子
絵: 丸木 俊
出版社: 福音館書店

作品情報

発行日: 1969年

5才〜6才向き
こどものとも 1969年2月号

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

森の小屋に住んでいたウサギのところに、ある日キツネがちょっと休ませてほしいとやってきました。ウサギがこころよく部屋に入れてやると、キツネは翌朝になっても出ていかず、反対にウサギを追いだしてしまいました。ウサギが泣いていると、最初は犬が、次には羊が現れてキツネを追いはらってやろうといいますが、みんなキツネに脅かされ追いかえされてしまいます。最後にやってきたオンドリは……。丸木俊が描くロシアの昔話。(「こどものとも」155号)

ベストレビュー

図書館から借りた本

この絵本、昔読んでもらったことがあるな〜!!
と思い、息子と娘と一緒に読みたくなって、図書館から借りてきました。

読んでいて懐かしいな〜!!と思う私と、

興味深々で絵本にのめり込むように聞いている息子。

そして、わからないながらも?ジーッつと聞き入っている娘。

絵本の読みつがれていくことの大切さを感じながら読んでいった絵本です。

息子は、きつねがうさぎの家に我がものがおで入ってきて、『うさぎにでていけ!!』というシーンで思い余ったのか『きつね、あかんやんか!!』といっていました。

きつねがおおかみの声を真似て、うさぎを助けてあげようとしていた動物たちに『食いちぎってやる』というシーンはどうして急におおかみが出てくるのががいまひとつわかっていないようでしたけどね・・・

子どもには、『食いちぎってやる〜』など、少々乱暴な言葉であったり表現の仕方であったりとちょっと怖いかな?とも思う場面があります。

でも、いろいろな絵本を読んできて、時にはこのように悪いことを戒めていくという絵本も子どもにとっては大切な絵本なのではないかと思いました。

ただ、残念なことに絶版絵本ということです。
出版社さんに問い合わせたところ、ここ一年で重版される予定も在庫もないとのこと。

とても迫力のある絵と内田さんの再話が魅力ある絵本なので、皆さんも一度図書館で借りて読んでみてくださいね。

(りんごマミーさん 30代・ママ 男の子4歳、女の子1歳)

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

内田 莉莎子さんのその他の作品

にひきのよくばりこぐま ハンガリーの民話 / ビアンキの動物ものがたり / ロシアのわらべうた / 福音館文庫 ぞうのドミニク / The Gigantic Turnip おおきなかぶ(英語版) / 福音館文庫 太陽の木の枝

丸木 俊さんのその他の作品

いのちの花 / ねずみのくれたふくべっこ / 英日CD付 英語絵本 うみのがくたい The Ocean-Going Orchestra / どんぶらこっこ すっこっこ / とうろうながし / おきなわ島のこえ



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

うさぎのいえ

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット