ぼんやきゅう ぼんやきゅう
文: 指田 和 絵: 長谷川 義史  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
亡くなったひとたちと、いまを生きているものとの交信、それが、盆野球。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
講談えほん 大岡越前 しばられ地蔵
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

講談えほん 大岡越前 しばられ地蔵

  • 絵本
作: 石崎 洋司 北村 裕花
監修: 神田 松之丞
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年11月28日
ISBN: 9784065172162

32ページ

みどころ

着物姿で舞台にあがって、話術で人をたのしませる、日本の伝統芸能。
史実を元にした物語で、後世に歴史を伝える、落語とは似て非なるしゃべりの芸術。

それが『講談』!

100年ぶりの講談ブームといわれる昨今、絵本でさらに親しみやすくなった、講談絵本が誕生しました!

ことの起こりは江戸、おおきな呉服屋で荷物の配達をしている、弥五郎という男の災難にあります。
なんとも暑い夏のさかり、おとくいさまに白木綿の生地を届けようと先を急ぐ弥五郎ですが、道中にへばり、木陰で一休みすることに。

「お地蔵さん、この荷物、よろしくたのんますで」

かたわらにたたずむお地蔵さんにそうたのんだ弥五郎。
それで安心してしまったのか、ぐっすり寝入ってしまいます。

はっと起きたときには、荷物はあとかたもなく消えていました。
主人から盗人の疑いまでかけられた弥五郎のかけこんだ先が、名奉行と名高い、かの大岡越前!

しかし話を聞いた大岡さま、とんでもないことを言い出します。

「地蔵尊が、たのまれた品が盗まれるのを、みすみす見すごした。どうやら、その地蔵、盗っ人と通じ、どろぼうかせぎをしておるな」

お地蔵様がどろぼうの仲間だなんて、そんなむちゃくちゃな!
しかし大岡さま、本当にそのお地蔵さまを縄でぐるぐるに捕らえ、裁きの場に連れ出しました。

とうぜんひと言も物をいわないお地蔵さまに、大岡さまはカンカンにご立腹!
そんな大岡さまのようすを見て、騒動を耳にして集まった大勢の町人たちが、思わず大笑いしてしまいます。

「この越前の詮議をあざ笑うとは不届きのしごく! かたっぱしから、召し捕れぃ!」

こんどは野次馬をみんな捕まえてしまった大岡さま。
いったいぜんたい、なんのつもり!?

著者は「黒魔女さんが通る‼︎」シリーズや『世界の果ての魔女学校』で知られる、児童文学作家の石崎洋司さん。
絵は、『ねこです。』や『こどもかいぎ』、『トンダばあさん』など、ユーモア絵本を多く手掛ける絵本作家の北村裕花さん。
表情豊かで愛嬌あふれる町人衆と、ひょうひょうとしたお地蔵さんのコントラストがなんともおかしく、かわいらしいです。

そして、
「この絵本を通じて、一人でも多くの子どもたちに講談を知ってもらえることを願っています」
とは、本書監修で講談ブーム火付け役の天才講談師、6代目神田伯山(神田松之丞)さん。

言葉のとおり本シリーズは、絵の力でより親しみやすくなっているのはもちろん、聴き慣れない言葉も漢字と振り仮名で読むことができ、わかりやすく講談の魅力をあじわうことができます。

名奉行であるはずの大岡越前が、まるでトンチンカンなことばかりしているおかしさと、一転してそのすべてが事件解決へとつながっていく痛快さが、みどころの一冊です。

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

人気沸騰中、「チケットの取れない講談師」神田松之丞さんを監修に迎えた「講談えほん」シリーズ! 

「講談」とは、古くからの日本の伝統芸能です。講談師が、実在の人物や史実とされている事象を、脚色を交えて聴く人を楽しませつつ、一人語りで読んでいきます。日本の歴史の物語を次世代につなぐために、とても大事で、いま注目されている芸能です。このたび、次世代に伝えたい講談のお話を、絵本にして子どもたちに残すために、「講談えほんシリーズ」をつくりました。
いま、飛ぶ鳥を落とす勢いの講談師・神田松之丞氏を監修者に迎え、話題を呼ぶこと請け合いのシリーズが誕生です!

『大岡越前』では、無実の罪を着せられた荷担ぎの弥五郎を、越前守が見事なお裁きで救います。
文・石崎洋司氏、絵・北村裕花氏でお送りする、江戸の物語です。

ベストレビュー

面白かった!

大岡裁きというと公平で、情に厚く・・・という印象がありますが、このお話は大岡越前守の知恵の素晴らしさもプラスして感じられます。

弥五郎が荷物を盗まれた時には、どうなることかと思いましたが、その後の展開が秀逸!
大岡越前守の様子を真面目にやればやるほど大うけすること間違いなしです。

そしてラストはやはり、情の厚さを感じるお裁き。
長い間、多くの人から愛され、語り継がれるだけのことはあるなと思いました。
(hime59153さん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


石崎 洋司さんのその他の作品

黒魔女さんと黒魔術の王 6年1組黒魔女さんが通る!!(11) / 講談社青い鳥文庫 6年1組 黒魔女さんが通る!! (10) 恋に落ちた黒魔女さん? / 講談えほん 西行 鼓ヶ滝  / 講談えほん 宮本武蔵 山田真龍軒 / 講談社青い鳥文庫 黒魔女さんのハロウィーン★大パニック! 6年1組 黒魔女さんが通る!!(09) / 講談社青い鳥文庫 小説 地獄少女

北村 裕花さんのその他の作品

かしたつもり×もらったつもり / たまたま たまご / こどもかいぎ / みんなありがとう / こんにちは、ばいばい / いき

神田 松之丞さんのその他の作品

絶滅危惧職、講談師を生きる


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 諸芸・娯楽 > 講談えほん 大岡越前 しばられ地蔵

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

講談えほん 大岡越前 しばられ地蔵

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット