100円たんけん 100円たんけん 100円たんけんの試し読みができます!
文: 中川 ひろたか 絵: 岡本 よしろう  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
100円でなにが買える? お金の見方がちょっと変わる、 はじめてのお金えほん!
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
文庫 日本のピアノ100年 ピアノづくりに賭けた人々
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

文庫 日本のピアノ100年 ピアノづくりに賭けた人々

著: 前間 孝則 岩野 裕一
出版社: 草思社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年12月05日
ISBN: 9784794224293

472ページ

出版社からの紹介

明治33年(1900年)1月、日本楽器は国産第一号となる簡素なアップライトピアノを完成させた。
まだ欧米には及ぶべくもなかった日本のピアノではあったが、大戦後、状況は一変する。
高度成長で勢いを得たピアノ・メーカーは新たなコンサート・グランド・ピアノの開発に情熱を傾ける。
そして、リヒテルやグールドなど世界の名演奏家が愛用するピアノを生み出し、
ついに日本を世界頂点のピアノ王国へと押し上げたのである――。

誕生から100年間のピアノづくりに情熱を傾けた人々の姿を通して、日本の「ものづくり」の軌跡を見事に
描き上げたノンフィクション作品。第18回ヨゼフ・ロゲンドルフ賞受賞作

<目次より>プロローグ グレン・グールドのピアノ 

戦前篇 洋琴からピアノへ 国産ピアノ誕生前夜から一九五〇年まで

第一章 文明開化期のピアノ 
第二章 オルガン製造に群がる男たち 
第三章 国産ピアノ第一号誕生 
第四章 洋楽ブーム 
第五章 戦前のピアノ黄金時代へ 

戦後篇 世界の頂点へ 一九五〇年から二〇〇一年まで

第六章 戦後の再出発 
第七章 大量生産の時代 
第八章 イメージ戦略と販売競争と 
第九章 コンサート・グランドへの挑戦 
第十章 日本のピアノはどこへ行くのか 

エピローグ 日本のピアノの未来に向けて

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット