新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
さくらの谷
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

さくらの谷

  • 絵本
作: 富安 陽子
絵: 松成 真理子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2020年02月07日
ISBN: 9784033330006

3〜5歳
260mm×220mm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

富安陽子さんの文、松成真理子さんの絵で贈る、あの世とこの世のあわいを描く不思議さに満ちたおはなし絵本。

まだ寒さの残る3月。
「わたし」はひとり、コソコソ、カサカサと落ち葉をふみながら、林のなかの尾根道をあるいていました。
どれほど歩いたのか、ふいに木立が途切れて、深い谷があらわれ、のぞきおろした「わたし」は、あっと息をのみます。
その谷は、満開の桜にうめつくされ、あかりを灯したようにピンクに輝いていました。

谷から聞こえてくる歌声があります。
「さくら やなぁ
さくら とてぇ
さくら ゆえぇ
さくら ちらすや かぜまかせぇ」
どうやら歌っているのは人ではなくオニたちのようです。
でも、本当に、彼らはオニなのでしょうか……。

山あいに突如あらわれたさくらの谷。
誘われるように「わたし」は谷へおり、オニたちとごちそうを食べ、かくれんぼをして遊び……ふいに気づくと、何もかも消えてしまっている……。
でも、さくらの谷もあの歌声も、目の前から消えてしまっただけで、この世のどこかにあるにちがいない……そう信じたくなります。

子どもが物心ついたときから、皆きっと心のどこかで不思議でたまらないと思いながらも、するっと手から抜けていくようにつかまえにくい、生と死のあわいへの思い。
たとえば、目の前から消えてしまったあの人やこの人は、本当にいなくなってしまったのでしょうか。
「人の存在、不存在」の真実をこのようにあざやかに見せられるとは思いもしない驚きと感動です。
富安陽子さんの歌と、松成真理子さんが描く、幻想的な桜の谷の光景をどうぞあじわってください。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

さくらの谷

さくらの谷

出版社からの紹介

かつて、わたしが一度だけ行ったことのあるふしぎな谷のお話です。
まだ山が枯れ木におおわれる春の手前、林の中の尾根道を歩いていたわたしは、のぞきこんだ谷を見ておどろきました。そこだけが満開の桜にうめつくされていたのです。
聞こえてくる歌声にさそわれてくだっていくと、谷底で花見をしていたのは、色とりどりの鬼たちでした。鬼なのに、ちっともおそろしいという気がしません。まねかれるまま、わたしは花見にくわわります。目の前のごちそうは、子どもだったころ、運動会の日のお重箱に母がつめてくれたのとそっくりです。
「かくれんぼするもの、このツノとまれ」
ふいに、一ぴきの鬼がとなえると、鬼たちはたがいのツノにつかまって長い行列になりました。列の最後の鬼のツノにつかまったわたしは、かくれんぼの鬼をすることになります。わたしは、林の中をかけまわってさがすのですが、なかなか鬼たちをみつけることができません。
そのうちに、だんだんふしぎな気持ちになってきました。わたしがおいかけているのは、ほんとうに鬼なのでしょうか。だって、いま、あの木のうしろにかくれたのは、わたしのおばあちゃんのようでした。こっちの木のかげには、おかあさんが。そこの木のうらには、おとうさんがかくれました。それは、みんな、みんな、もうこの世をさってしまった人たちなのでした。
でも、そうか。みんな、ここにいたのか。桜の谷であそんでいたのか──。
そうわたしが思ったとき、風がふきわたり、谷じゅうの桜がいっせいに花びらをちらします。
気がつくと、わたしはひとりぽつんと雑木林の中に立っていました。満開の桜はきえていましたが、ヤマザクラの枝さきに、大きくふくらんだ花のつぼみが見えました。どこかで、あの鬼たちの歌声が聞こえるようでした。

ベストレビュー

一度だけの貴重な思い出

全ページ、 お試しで読みました。
桜の花びらが舞い散る様子は、幻想的な感じがしますが、
それは、春まだ浅い頃の、つぼみしかない時期の、の体験だったので、不思議さが増します。
まだ、お花見の人もいない頃だからこそ、
亡くなった家族が、会いに来てくれたのかもしれないと思いました。
舞い散る花吹雪と、木の枝の向こうに見える、やさしい顔の絵が
とてもきれいです。
(capellaさん 70代以上・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

富安 陽子さんのその他の作品

ホオズキくんのオバケ事件簿(3) 4年1組のオバケ探偵団 / 妖怪一家 九十九さん 妖怪たちと秘密基地 / ゆりの木荘の子どもたち / カラスてんぐのジェットくん / ホオズキくんのオバケ事件簿(2) オバケはあの子の中にいる! / 菜の子ちゃんとマジムンの森 日本全国ふしぎ案内4

松成 真理子さんのその他の作品

紙芝居 まどからのおきゃくさん / 紙芝居 こんやは なつまつり / 山のトントン / ランカ にほんにやってきたおんなのこ / 紙芝居 ひらひら ホッホロ / きんぎょすくいめいじん



4月の新刊&オススメ絵本情報

さくらの谷

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット