新刊
ちいさなトガリネズミ

ちいさなトガリネズミ(偕成社)

トガリネズミのささやかな幸せに満ちた生活を描く絵童話

  • かわいい
満月をまって

満月をまって

  • 絵本
作: メアリー・リン・レイ
絵: バーバラ・クーニー
訳: 掛川 恭子
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2000年
ISBN: 9784751519813

小学校中学年〜中学生

出版社からの紹介

2000年3月に亡くなった人気絵本作家クーニーの最後の作品。木の声を聴き、風のうたを編む、かご作り職人の美しい心を描いた絵本。

満月をまって

ベストレビュー

100年前の格差社会

バーバラ・クーニーの晩年作品と聞いてしみじみと読み返しました。
メアリー・リン・レイが環境保護活動家と知って得心しました。
生計を立てている人たちがいました。
満月の日をまって作ったかごを町に売りに行く父親に尊敬と、そして町への憧れを持った少年がいました。
少年の夢と誇りを砕くような事件が起こりました。
街に連れて行くことを渋っていた父親が、やっと許してくれた同行。
街の見るものすべてに感動して帰る道すがら、自分たちのかごが、そして自分たちの存在がとても悲しい屈辱を受けたのです。
100年前の格差社会。
都会からさほど遠くない地域に暮らしていた人々に対して、町の住人たちは蔑みを持っていたのです。
少年は町と自分の暮らしに失望します。
けれど、馬鹿にされたかごが、頑丈であることを知って少年は失いかけた誇りを取り戻します。
まさに環境保全のお話です。
差別することで優越感を持とうとしている町の人間に対してのアンチテーゼです。
地味な作品ではあるけれど、高学年以上の子どもには、胸張って伝えたい話です。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • わたしとなかよし
    わたしとなかよしの試し読みができます!
    わたしとなかよし
    出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    「わたしは わたしをだいじにするの」自分を好きなること、大事にすることを伝える絵本



画家・大社玲子さんの絵本『こねこのチョコレート』

満月をまって

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.73

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット