せかいかえるかいぎ せかいかえるかいぎ
作: 近藤 薫美子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
せかいかえるかいぎが あるらしい──。こんなうわさが、かえるたちの間に広まって、世界中のかえるたちが大集合します!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
おさんぽだいすき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おさんぽだいすき

  • 絵本
作: 今村 葦子
絵: 垂石 眞子
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おさんぽだいすき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784593563036

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

あかちゃんと一緒に楽しんで読んでください。
リズミカルな言葉と、あたたかいタッチの絵で、
お母さんとあかちゃんとのぬくもりを育む、
新しいあかちゃん絵本シリーズです。
あかちゃんにかけてあげたい言葉がいっぱい。
現役の保育士さんの、「ひとことアドバイス」カードつき。幼児から。

ベストレビュー

息子が自分で選んだ本です

図書館に出かけたとき1歳半の息子が自分で選び、借りて帰った後も繰り返し繰り返し読んでとせがんでいる本です。

小さい女の子がママの靴を履いて近所のタンポポ野原まで1人でお散歩に行くお話です。
息子は女の子に共感してるのか、挿絵の女の子の笑顔のかわいさにひかれたのかよくわかりませんが、最初のページの「いいな いいな。おくつはいてどこいくの?」では、靴を自分でも履く仕草をして、次のページの「おさんぽ いくよ。ひとりでいくよ。」では挿絵の女の子のポーズに合わせて「あっちーー♪」と大喜びです。

挿絵もかわいらしいし、言葉のリズムもよくて、息子の今のお気に入りです。
(ゆきりんりんさん 20代・ママ 男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


今村 葦子さんのその他の作品

みんな みんな いない いない ばあ / なきむしこぞう / もみの木がっこうのうんどうかい / ひとりたりない / くんくまくんとおやすみなさい / くんくまくんとバケツおに

垂石 眞子さんのその他の作品

パパのはなよめさん / あっくんとデコやしき / ちびねこチョビ / あつい あつい / すききらいかいじゅう / ぞくぞく村のにじ色ドラゴン



パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

おさんぽだいすき

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット