あめあめふれふれ ねずみくん あめあめふれふれ ねずみくん
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
雨がふってきたので、カサをさしたねずみくん。ところが仲間がつぎつぎやってきて、「カサなんていらないよ!」しょんぼりしていたねずみくんですが……。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ビュンビュンきしゃをぬく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ビュンビュンきしゃをぬく

作: アーナ・ボンタン ジャック・コンロイ
絵: バージニア・リー・バートン
訳: ふしみ みさを
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784001108774

4.5歳から

出版社からの紹介

機関車に石炭をくべるゴウゴウと愛犬のビュンビュンは,いつだっていっしょ.ビュンビュンは列車の横を走るのです.ところが,自慢の列車をやすやすと追いぬかれて,駅長さんはがまんなりません.ヒートアップしていくビュンビュンと列車のレースを,勢いのあるタッチでユーモラスに描いた,バートンの知られざる傑作です.

ベストレビュー

機関車VS犬のビュンビュン、スピード対決

風を感じるバートンさんの絵とタイトルに惹かれ、手にとりました。

横長に広がる構図が印象的なバートンさんの絵も
お話や「ビュンビュン」などの訳も楽しいのですが、
最初に一人で黙読した時は、「もう少し文章が短かくてもいいなぁ」と思いました。
タイトルでなんとなく結末が分かる為、そう感じたのかもしれません。

ところが、次男に読み聞かせたら、かなり集中して聞いており、
声だけ聞いていた長男も「面白かったから、もう1回!」と言いだし、嬉しい誤算。

「足が速い」って、息子達にとっては無条件に「カッコイイ」のですね。
駅長さんが絶対勝てないと決めつける機関車とのスピード対決に、
やせっぽちのビュンビュンが勝ち抜いていくのが痛快で、
結末を予感しつつも、(もしかしたら、予感できるからこそ)
勝負の行方から目が離せなかったようです。
昔トーマスが好きで、機関車の世界に馴染みがあったのも良かったかもしれません。

実は敵役?の駅長さんがいい味だしてます。
威張っていて、見栄っ張りで、大人げないけれど、なんだかんだ約束はちゃんと守って・・・。
最後は「ドンマイ!」と肩をたたいてあげたくなります。

年中さん位〜小学校中学年くらいのお子さんへの読み聞かせにおすすめです。
長いかなぁ、と思われても、一度はお試しあれ。
(ランタナさん 40代・ママ 男の子8歳、男の子6歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


バージニア・リー・バートンさんのその他の作品

英日CD付 英語絵本 ちいさいおうち THE LITTLE HOUSE / せいめいのれきし 改訂版 / はだかの王さま / 英日CD付 英語絵本 いたずらきかんしゃちゅうちゅう CHOO CHOO / マイク・マリガンとスチーム・ショベル / 名馬キャリコ

ふしみ みさをさんのその他の作品

ワニをつかまえたこざるのおはなし / はなくそ だいピンチ! / スキャリーおじさんの とってもたのしい えいごえじてん / ママー、ポケット! / もりのこえほんシリーズ(全4冊) / アルフィーとせかいのむこうがわ



『ダム・キーパー』トンコハウス 堤大介さん インタビュー

ビュンビュンきしゃをぬく

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット