話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
この名作がわからない

この名作がわからない

著: 小谷野 敦 小池 昌代
出版社: 二見書房

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年09月27日
ISBN: 9784576191041

188mm×128mm 264ページ

出版社からの紹介

いくら世間で名作だ文豪だと言われていたって、
つまらない時はつまらない、と言っていいのである。

真の名作文学がわかる対談集

『 雪国 』 『 金閣寺 』 『 グレート・ギャツビー 』 『 蓼喰う虫 』 『 ボヴァリー夫人 』 『 アンナ・カレーニナ 』 『 罪と罰 』 『 カラマーゾフの兄弟 』 …は本当にそんなにすごいのか?

[ 第一章 ]
『 金閣寺 』 『 仮面の告白 』 三島由紀夫
「 楢山節考」 深沢七郎

[ 第二章 ]
『 グレート・ギャツビー 』 F・スコット・フィッツジェラルド
『 欲望という名の電車 』 テネシー・ウィリアムズ
『 ロリータ 』 ウラジーミル・ナボコフ

[ 第三章 ]
『 雪国 』 川端康成
『 鍵 』 『 瘋癲老人日記 』 『 蓼喰う虫 』 谷崎潤一郎

[ 第四章 ]
『 ボヴァリー夫人 』 フローベール
『 アンナ・カレーニナ 』 トルストイ
「 かわいい女 」 「 犬を連れた奥さん 」 チェーホフ

[ 第五章 ]
『 カラマーゾフの兄弟 』 『 罪と罰 』 ドストエフスキー


◆ 著者について
小谷野 敦(こやの・あつし)
1962年茨城県生まれ、埼玉県育ち。東京大学文学部英文科卒。同大学院比較文学比較文化専攻博士課程修了、学術博士。
大阪大学助教授、東大非常勤講師などを経て、作家・比較文学者。2002年に『聖母のいない国』(青土社)でサントリー学芸賞受賞。
著書に『谷崎潤一郎伝』『川端康成伝』(以上、中央公論新社)、『馬琴綺伝』(河出書房新社)、『江藤淳と大江健三郎』(筑摩書房)、
『芥川賞の偏差値』(二見書房)、『東十条の女』(幻戯書房)、『とちおとめのババロア』『弁慶役者 七代目幸四郎』(以上、青土社)など多数。

小池 昌代(こいけ・まさよ)
1959年東京・深川生まれ。詩人・小説家。津田塾大学卒業。
主な詩集に『永遠に来ないバス』(現代詩花椿賞)、『もっとも官能的な部屋』(高見順賞)、『夜明け前十分』、『ババ、バサラ、サラバ』(小野十三郎賞)、『コルカタ』(萩原朔太郎賞)、『野笑 Noemi』、『赤牛と質量』。
小説集には『感光生活』、『タタド』(表題作で川端康成文学賞)、『たまもの』(泉鏡花賞)、『幼年 水の町』など多数。主なエッセイ集に『屋上への誘惑』(講談社エッセイ賞)、アンソロジー詩集に『通勤電車でよむ詩集』『恋愛詩集』『おめでとう』などがある。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小谷野 敦さんのその他の作品

谷崎潤一郎伝 堂々たる人生 / 歌舞伎に女優がいた時代 / 哲学嫌い ポストモダンのインチキ

小池 昌代さんのその他の作品

黒雲の下で卵をあたためる / 絵本 かがやけ・詩(5) かんがえるのっておもしろい(ひろがる ことば) / 絵本 かがやけ・詩(4) うち 知ってんねん(みんなの ことば) / 絵本・かがやけ・詩(3) どっさりのぼく(いきる ことば) / 絵本 かがやけ・詩(2) レモン(かんじる ことば) / 絵本 かがやけ・詩(1) かさぶたって どんなぶた(あそぶ ことば)



2022年夏に読みたい 出版社いちおしの絵本・児童書・図鑑8選!

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット