話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
るすばんねこのぼうけん

るすばんねこのぼうけん

作: メリー・カルホーン
絵: スーザン・ボナーズ
訳: 猪熊 葉子
出版社: 佑学社

本体価格: ¥880 +税

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1982年02月
ISBN: 9784841601756

ベストレビュー

ヒルダを見ながら、猫の気分を味わって

この絵本も、「ねこのヘンリー」シリーズと似ていました。
猫の描写が写実的というんでしょうか、漫画チックなイラストでなく、猫をよく観察して、リアルを追及している描写だな〜と、感心しました。
猫だけでなく、絵本の中に登場する鳥たちやリスなどの描写も含めて、すごく丁寧に描いているなと、思います。

ウケたのは、ヒルダの上に、ライチョウが落ちてきたところ。
出版社からのお薦め年齢は5,6歳でした。
私も、読んだ感触では幼稚園年中さんくらいから、小学校低学年にいいかな。と思いました。
ヒルだの目を通して、猫の気分を味わってみるのも、楽しいかもしれません。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子10歳)

出版社おすすめ


メリー・カルホーンさんのその他の作品

ふねにのったねこのヘンリー / とびねこヘンリー / クリスマスのねこヘンリー / スキーをはいたねこのヘンリー

スーザン・ボナーズさんのその他の作品

ペンギンたちの夏

猪熊 葉子さんのその他の作品

岩波少年文庫 まぼろしの小さい犬 / 岩波少年文庫 しずくの首飾り / アーミテージ一家のお話3 ゾウになった赤ちゃん / アーミテージ一家のお話2 ねむれなければ木にのぼれ / 岩波少年文庫 アーミテージ一家のお話(1) おとなりさんは魔女 / 岩波少年文庫 王のしるし (下)



【連載】第5回「怪奇漢方桃印」シリーズ 桃さんインタビュー

るすばんねこのぼうけん

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット