おおきくなったらきみはなんになる? おおきくなったらきみはなんになる?
文: 藤本 ともひこ 絵: 村上 康成  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
卒園・卒業というたいせつな時期の子どもたちへ送る、応援歌(エール)です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
干し柿
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

干し柿

  • 絵本
文・写真: 西村 豊
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年10月
ISBN: 9784251009500

出版社からの紹介

自然写真家・西村豊が4年以上の年月をかけて、干し柿づくりを追い続けた美しい写真絵本。今ではあまり見られなくなった干し柿づくりですが、「この伝統的な食文化を子どもたちに伝えたい」という、作者の強い思いのこもった意欲作です。美しく迫力のある、干し柿づくりの農家の風景の他、柿の実の成長や、子どもたちによる干し柿づくりの体験も紹介しています。干し柿を通じて、自然と人との関わりをあらためて考えさせられる絵本です。

ベストレビュー

伝えたいもの

素晴らしい!!

干し柿作りの過程の写真はもちろんですが
実際に子ども達が作る様子が続く場面に
感激です!

「渋い」表情を切り取った写真は素晴らしいです
実体験しないと
出来上がった自然の甘さが、実感出来ないと思います

そして、最後のページの
柿の実が木にひとつだけある写真
意味はおわかりでしょうが
昔からの人間の知恵、そして言い伝え
昔からの自然の食べ物・・・

あとがきにも、感心して読ませていただきました

本を閉じたら、あら?顔を発見!
たのしさ溢れる写真絵本です
(しいら☆さん 40代・ママ 男の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


西村 豊さんのその他の作品

よつごのこりす あっくんのおくりもの / よつごのこりす ふうちゃんのぼうけん / よつごのこりす はるくんのおすもう / ごたっ子の田んぼ / こりすのかくれんぼ / キツネにもらったたからもの



『しりとりしましょ!巻物えほんキット』<br>さいとうしのぶさん インタビュー<br>

干し柿

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.85

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット