話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
新刊
魔女からの手紙

魔女からの手紙(ポプラ社)

カスレちゃんという魔女にとどいた20人の魔女からの手紙。著名な画家陣が魔女のイメージで描いた絵に角野栄子が手紙文をつけた注目の絵本。

おうしのアダムがおこりだすと

おうしのアダムがおこりだすと

  • 絵本
作: アストリッド・リンドグレーン
絵: マーリット・テーンクヴィスト
訳: 今井冬美
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1997年
ISBN: 9784323030210

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

むかしむかしのイースターの日、大きなお牛のアダムが、突然おこってあばれ出しました。村中の人びとが集まる中、アダムをおとなしくさせたのは、小さな男の子のカッレでした…。リンドグレーンの約50年前の作品です。

ベストレビュー

北欧のお話しです・・・

昔、アダムというとても大きな雄牛がいました。アダムは本当は、穏やかなやさしい牛なんですが、あるイースターの朝、突然怒り出したんです。なぜだかは誰にもわかりません。アダムは大きな声で鳴きながら、中庭を走り回って、みんなが心配して、そしてちょっとわくわくして見に来ます。みんなが手に負えないアダムをどうするか考えていると、カッレという小さい男の子が出てきて・・・。「長くつしたのピッピ」の作者リンドグレーンのお話しは、年長さんくらいから向きでしょうか。絵もとてもステキですよ。
(かあぴいさん 30代・ママ 男の子11歳、女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

アストリッド・リンドグレーンさんのその他の作品

やかまし村はいつもにぎやか / 名探偵カッレ 地主館の罠 / やかまし村の春夏秋冬 / 名探偵カッレ 城跡の謎 / やかまし村の子どもたち / ピッピ南の島へ

マーリット・テーンクヴィストさんのその他の作品

だいすき そんなきもちをつたえてくれることば / こうしはそりにのって


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > おうしのアダムがおこりだすと

サニーサイドブックス代表 絵本作家・あいはらひろゆきさんインタビュー

おうしのアダムがおこりだすと

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット