新刊
ごんぎつね

ごんぎつね(ポプラ社)

いたずらばかりしているきつねのごんは、兵十のたいせつなうなぎを盗んでしまいます。その後、ごんは兵十のために罪のつぐないをするのですが・・・。

くんちゃんとふゆのパーティー

くんちゃんとふゆのパーティー

  • 絵本
作・絵: ドロシー・マリノ
訳: 新井 有子
出版社: ペンギン社

本体価格: ¥950 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

「くんちゃんとふゆのパーティー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1981年
ISBN: 9784892740183

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

おはなし

 冬ごもりの前、初めて雪を見たくまのくんちゃんは、走り回ったり雪ぐまを作ったり大はしゃぎです。でも、鳥や動物たちにとって、森が雪におおわれる冬は食べ物が少ない季節。そこでくんちゃんは素敵なことを思いつきます。

くんちゃんとふゆのパーティー

みどころ

 くんちゃんシリーズの冬の絵本。くんちゃんの動物たちや家族への思いやりが温かいお話です。出かけているお父さんをびっくりさせようと、お母さんに手伝ってもらいながらクッキーやベリーの実で木を飾る光景は、クリスマス準備を想起させ心が和みます。クリスマスとは謳っていませんが、この季節にふさわしいメッセージが込められていますよ。雪景色に灯るように塗られた赤も、クリスマスらしさを演出しています。ペン画を基調に一色のみが着色されるスタイルはシリーズに共通するもので、シンプルさゆえの温もりが伝わります。
 森の自然と共存するこんな冬の過ごし方もすてき、と素直に共感できる一冊です。
――(ブラウンあすか)

この人もおすすめしています

【安藤パパ】
ちょっぴり大きくなったくんちゃんが、パパをびっくりさせようとクリスマスツリーに一所懸命飾り付けをする姿がかわいい。自分の子どもにも通じるものがあり、読んでるとあったまります。そして吹雪のなか、なかなか家に戻らないパパを心配して、ガラス窓から外を観る心配そうなくんちゃんの何と愛しいことよ。いつも社会の荒波に揉まれているサラリーマンならこの姿にきっと涙することでしょう。こんなかわいい子どもがいるならさ、たまには早く帰ろうよ、お父さん!あ、BGMのノラ・ジョーンズ『Come away with me』も買って帰ろうぜ。

ベストレビュー

クリスマスにはぜひ読んで

くまのくんちゃんシリーズのうちの一冊です。

冬、冬眠する前の、くんちゃん一家の様子です。

くんちゃんのお父さんお母さんの穏やかな、でも地に足のついた生活と、大きな心で包み込むような子育てに、大人も改めて、憧れや反省を感じられます。

地味な絵本ですが、子どもが、大人に見守られて、すくすく育つことの、素晴らしさにあふれています。
(ハルクンさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

ドロシー・マリノさんのその他の作品

スティーヴィーのこいぬ / おかあさんは、なにしてる? / ベンジーのもうふ / マイケルとスーザンは一年生 / くんちゃんのだいりょこう / くんちゃんとにじ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > くんちゃんとふゆのパーティー

カエルの大人気シリーズ。ちょっとかわったおやすみ絵本

くんちゃんとふゆのパーティー

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット