宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ともだちふやそ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ともだちふやそ

  • 絵本
作・絵: 熊谷 まちこ
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,070 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ともだちふやそ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年
ISBN: 9784569680934

出版社からの紹介

丘の上の岩はいつもぽつんとひとりなので、ともだちがほしいなと思っていました。そんな岩のそばに赤い実がひとつおちてきました。

ベストレビュー

とびっきりすてきなお話です

ちいさな実が、一人ぽっちの岩のところにやってきました。
それは小鳥たちの贈り物だったのかもしれないですね。
一人ぽっちの岩に、可愛い、大切なものができたのです。
彼のうれしさが伝わってきます。
毎日、その実を、慈しみ大切に思っていたのですね。
それはきっとさくらんぼ。
すごくたくましい木に成長して、読んでいると嬉しくなります。
丸い岩と、桜の木は、たくさんの友達ができて本当に幸せそうです。
(capellaさん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

ともだちふやそ

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット