話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

やまやまのへっぴりじさま

やまやまのへっぴりじさま

作: 小林 輝子
絵: 梶山 俊夫
出版社: 福音館書店
  • Line

作品情報

発行日: 1996年

こどものとも年中向き 1996年11月号

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

ベストレビュー

おなら自慢は得をする?

方言の言い回しに味わいのあるお話です。
耳に覚えのある「とっぴんぱらりのぷーん」の音がするおならは、なんだかのどかで気持ちよく響きます。
それでもおならが福を招くという民話はユーモラスで気に入りました。
民話で付き物の欲張りじいさんの登場については、できないおならで、余計なものも出してしまってふんだりけったり状態は可愛そうにつきますが。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

関連記事

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > > やまやまのへっぴりじさま

編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

やまやまのへっぴりじさま

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット