話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
得する、徳。

得する、徳。

著: 栗下直也
出版社: CCCメディアハウス

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年12月21日
ISBN: 9784484192352

224ページ

出版社からの紹介

テイクを考えるな。ギブ、ギブ、ギブ!
経済記者が書くこれからの新しい徳の積みかた
信用がカネに取って代わる社会を泳げ!

「カネより信用を積め」「信用があれば生きていける」という議論を耳にするようになった。
実際、融資を受けるにも、取引をするにも、信用が大切なのは昔から自明だった。
しかし近年になって、いまさら声高に、信用を「見える化」、具体的には信用をポイント化する動きなどが出てきている。
そんな風に、重視されつつあるらしい信用だが、いったい信用とは何なのだろうか?本当に信用があれば生きていけるのだろうか。
ヒントはすべて、日本に昔からある「徳を積む」という行為にあった。
子曰く、子曰く、トイレの壁にも、子曰く。中小企業の事務所の壁に論語が貼ってあるのには意味があったのだ。

本書のテーマは「徳」である。本書では、これからの徳の積みかたを次のように定義する。

@ 何もかもは引き受けてはいけない
A 犠牲を払っていると思うなら断れ
B 無理に「いい人」を目指すな
C 行為ではなく関係性を強調しろ

わかるようでよくわからない「信用」という概念を「徳」というキーワードに置き換えてみると、今後の自分の働きかた、生きかた、社会が目指す方向性が明確になっていく。
第1章では、グローバリズムの権化のようなイメージがある米国でも「徳」が重視されつつある現状を読み解き、「これから時代の徳の積みかた」について定義する。
第2章では、渋沢栄一、土光敏夫といった日本の名経営者たちの足跡をたどり、彼らの「徳」が、いまという時代で考えても、いかに古びずにフィットしていたかを探る。
第3章では、「徳」がけっして無縁ではない「会社という存在」について考える。
会社は誰のものなのか? 我々は誰のために、なんのために働くのか?
利益の追求と徳の追求は両立が可能であることがわかってくる。
そして、第4章では、そうは言っても「カネにならないことはやりたくない」と思うあなたが、それでも「徳」を積んだほうがいい理由について考える。

まさにいま、「徳」が問われている。
そして、歴史を振り返ればわかる。
「徳」はいつか、忘れた頃に「得」になる。
「俺だけどうにかなればいい」と考える人が増えるほど、あなたの小さな「徳」が、きっと輝く。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




4月の新刊&オススメ絵本情報

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット