新刊
ワニのガルド

ワニのガルド(偕成社)

おーなり由子が描く、さびしい人だけに見えるワニと女の子のお話。

  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
ベネベントの魔物たち(3) 魔女の足音にご用心

ベネベントの魔物たち(3) 魔女の足音にご用心

  • 児童書
著: ジョン・ベーメルマンス・マルシアーノ
絵: ソフィー・ブラッコール
訳: 横山 和江
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2020年02月19日
ISBN: 9784035215509

小学中学年
220mm×150mm 139ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ベネベントは、本当にある町です。一見ごくふつうの町ですが、ひとつだけ、とてもかわっていることがあります。それは、世界中のどこよりも魔物がたくさん住んでいるということ。魔物は、町のいたるところにひそんでいます。井戸の中、橋の下、劇場のあと……。もしかしたら、おとなりさんや家族のだれかが、魔物かもしれません。ほら、またきょうも魔物がいたずらを始めたみたい。ベネベントの子どもたち! 魔物に目をつけられないように、くれぐれも気をつけて。

内気でのんびり屋のマリア・ベッピーナは、劇場広場がこわくてたまりません。広場には年老いた魔女が住んでいて、子どもをみつけると追いかけてくる、といわれているからです。だから、ベネベントの子どもたちは広場をよこぎるとき、全力で駆け抜けます。ところが、足がおそいマリアはいつも最後。今にもうしろから魔女が迫ってきて、つかまるのではないかと、おびえてばかりいました。でも、マリアはふと思いました。魔女はわたしみたいな子どもをつかまえて、どうするの? そしてある日勇気を出して、うしろをふりかえってみたのです!

むかしから魔女が住むという伝説のある、イタリアの実在の町ベネベントを舞台に、1820年代の人々のくらしをイメージして書かれた昔話風の創作童話。魔女と人間が共生する世界でまきおこる日常のちょっとした事件を、ユーモラスかつミステリアスに描きます。

ベストレビュー

実在な町だけに。

小学校中学年向けの児童書シリーズ第3作目です。
漢字にはふりがながふってあるので、読書好きな子は小学校低学年でも読めると思いました。
イタリアにある実在の町ベネベントでの1820年代の物語です。
実在な町だけに、ドキドキしますね。
シリーズ児童書なので新作が楽しみですね。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジョン・ベーメルマンス・マルシアーノさんのその他の作品

ベネベントの魔物たち【4冊セット】 / ベネベントの魔物たち(4) わがままな幽霊 / ベネベントの魔物たち(1) いたずらの季節 / ベネベントの魔物たち(2) 緑の手の指輪 / マドレーヌとパリのふるいやしき / ベーメルマンス マドレーヌの作者の絵と生涯

ソフィー・ブラッコールさんのその他の作品

へそまがりねこ マックス / プーさんの戦争 世界一有名なクマのお話 / 地球のことをおしえてあげる / おーい、こちら灯台 / あかちゃんの木 / プーさんと であった日 世界でいちばん ゆうめいなクマのほんとうにあったお話

横山 和江さんのその他の作品

きょうはふっくら にくまんのひ / 目で見ることばで話をさせて / きみはたいせつ / いえのなかと いえのそとで / サディがいるよ / キャラメル色のわたし


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 外国文学小説 > ベネベントの魔物たち(3) 魔女の足音にご用心

2022年この夏読みたい絵本・児童書 レビューコンテスト

ベネベントの魔物たち(3) 魔女の足音にご用心

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット