話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

ベネベントの魔物たち(4) わがままな幽霊

ベネベントの魔物たち(4) わがままな幽霊

  • 児童書
著: ジョン・ベーメルマンス・マルシアーノ
絵: ソフィー・ブラッコール
訳: 横山 和江
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2020年02月19日
ISBN: 9784035215608

小学中学年
220mm×150mm 141ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ベネベントは、本当にある町です。一見ごくふつうの町ですが、ひとつだけ、とてもかわっていることがあります。それは、世界中のどこよりも魔物がたくさん住んでいるということ。魔物は、町のいたるところにひそんでいます。井戸の中、橋の下、劇場のあと……。もしかしたら、おとなりさんや家族のだれかが、魔物かもしれません。ほら、またきょうも魔物がいたずらを始めたみたい。ベネベントの子どもたち! 魔物に目をつけられないように、くれぐれも気をつけて。

セルジオの家には、ご先祖の幽霊が住みついています。ふつう、先祖の幽霊がついた家は栄えるといわれていますが、セルジオのご先祖はわがまま放題でちっともありがたくありません。お世話係のセルジオは毎日こき使われるばかりで、もううんざりです。おまけに、子だくさんのお母さんはいつも家事に追われてイライラ。ついにはセルジオを幽霊の住む部屋に追いやってしまいます! でもお母さんのイライラの原因は、ほかにもあったのです。セルジオは初めて幽霊と手を組んで、ある計画を立てました。

むかしから魔女が住むという伝説のある、イタリアの実在の町ベネベントを舞台に、1820年代の人々のくらしをイメージして書かれた昔話風の創作童話。魔女と人間が共生する世界でまきおこる日常のちょっとした事件を、ユーモラスかつミステリアスに描きます。

ベストレビュー

外国の暮らし。

140ページほどのシリーズ児童書、第4作目です。
イタリアに実在の町ベネベントは昔から魔女が住むという伝説のある町。
その町の1820年代の物語です。
外国の異文化と200年前の暮らしを感じることのできる本でもあります。
こちらはその最新作です。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジョン・ベーメルマンス・マルシアーノさんのその他の作品

ベネベントの魔物たち【4冊セット】 / ベネベントの魔物たち(3) 魔女の足音にご用心 / ベネベントの魔物たち(1) いたずらの季節 / ベネベントの魔物たち(2) 緑の手の指輪 / マドレーヌとパリのふるいやしき / ベーメルマンス マドレーヌの作者の絵と生涯

ソフィー・ブラッコールさんのその他の作品

へそまがりねこ マックス / プーさんの戦争 世界一有名なクマのお話 / 地球のことをおしえてあげる / おーい、こちら灯台 / あかちゃんの木 / プーさんと であった日 世界でいちばん ゆうめいなクマのほんとうにあったお話

横山 和江さんのその他の作品

きょうはふっくら にくまんのひ / 目で見ることばで話をさせて / きみはたいせつ / いえのなかと いえのそとで / サディがいるよ / キャラメル色のわたし


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 外国文学小説 > ベネベントの魔物たち(4) わがままな幽霊

えほん新定番 from 好書好日

ベネベントの魔物たち(4) わがままな幽霊

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット