まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ピーターとオオカミ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ピーターとオオカミ

  • 絵本
作曲: セルゲイ・プロコフィエフ
絵: 降矢 なな ペテル・ウフナール
文: 森安 淳
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2020年03月06日
ISBN: 9784033286402

190mm×250mm 48ページ

出版社からの紹介

長野県松本市で夏に開催される音楽祭「セイジ・オザワ松本フェスティバル」。2019年の夏、子ども向けの楽曲として親しまれてきた「ピーターと狼」(プロコフィエフ作)がオーケストラで演奏され、初めての試みとして、曲にあわせた語りとともに、スクリーンに絵が映し出されました。「聴く絵本」として大変な話題をよんだ、その絵が絵本になりました。勇敢な少年ピーターが、森から現れたオオカミを捕まえるお話。大胆な絵で、音楽が聴こえてくるような絵本です。

ピーターとオオカミ

ピーターとオオカミ

ベストレビュー

オオカミをつかまえる大冒険

絵本ナビで、聴く絵本として有名なお話だと知りました。
確かに、小鳥、ねこ、オオカミ、男の子。登場人物だけみても、音が楽しそうだし、逃げるオオカミをなげなわでつかまえるところとかも、躍動感があっておもしろそう。
今度は楽曲にも挑戦してみたいです。
(みっとーさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


セルゲイ・プロコフィエフさんのその他の作品

ピーターとおおかみ

降矢 ななさんのその他の作品

どうぶつABCえほんミニレター / あたまをつかった小さなおばあさん がんばる / あたまをつかった小さなおばあさん のんびりする / つるつるプール / どうぶつABCえほん / まゆとかっぱ

ペテル・ウフナールさんのその他の作品

びっくりぎょうてん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > ピーターとオオカミ

中川ひろたかさん、まるやまあやこさんインタビュー

ピーターとオオカミ

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット