新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
D2C 「世界観」と「テクノロジー」で勝つブランド戦略

D2C 「世界観」と「テクノロジー」で勝つブランド戦略

著: 佐々木康裕
出版社: ニューズピックス

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,000 +税

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年01月10日
ISBN: 9784910063034

204ページ

出版社からの紹介

「ストーリーテリング」×「テクノロジードリブン」
全産業を呑み込む2つの潮流をかけ合わせたD2C(Direct to Consumer)とは何か?今投資家が最も注目するビジネスモデルの全貌と、立ち上げの具体論!

◎こんな人にオススメ
・ブランディング、マーケティングなど「人が何に価値を感じるか」全般に興味がある人
・小売、ブランドの未来が知りたい人
・旧態依然とした業態の「デジタルトランスフォーメーション」に興味がある人
・D2C型の新規事業を検討している人 ・ファッション業界、アパレル業界で新しいブランドを立ち上げたい人

◎D2Cとは何か
D2Cとは、顧客と直接つながり、より深い関係性を構築する新しいブランドのあり方のことである。
ウェブから商品を送る、単なる中抜きビジネスではない。
D2Cとは、世界観とストーリーテリングを武器とする、新しい付加価値の創出方法である。
伝統的なブランドのように、機能のよさだけを売りにしない。
D2Cはテック企業であり、メディア企業でもある。
単なるものづくりが得意なメーカーではない。
◎なぜ、投資家はD2Cに注目するのか ・投資家が注目してきたテクノロジー産業は、産業全体から見ればほんの一部
・巨大産業である、小売は長らく旧態依然としたビジネスモデルを維持してきた。ここをテクノロジーを武器にディスラプトするのがD2C
・小売産業は初期投資が重たく、販売網の確保も難しく、新興ブランドが指数関数的な成長を目指すのは難しかった
・しかし、D2Cは、直接販売の形式をとるため、創業1?2年目で100億円を超える急成長も可能である
D2Cとは、単なるいちビジネスモデルではない。ブランドと顧客の関係性を不可逆に変えてしまうほどのインパクトを持った「時代の象徴」だ。
将来的に、小売の歴史は、「D2C 以前」、「D2C 以降」と分類されて語られ ることになるだろう――。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


佐々木康裕さんのその他の作品

感性思考 デザインスクールで学ぶMBAより論理思考より大切なスキル


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 経営 > D2C 「世界観」と「テクノロジー」で勝つブランド戦略

カエルの大人気シリーズ。ちょっとかわったおやすみ絵本

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット