新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

おたねさん

おたねさん

  • 絵本
作・絵: 竹内 通雅
出版社: 農山漁村文化協会(農文協)

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,466

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2007年03月
ISBN: 9784540062964

みどころ

ちょっと変り種の絵本をひとつ。「わくわくたべものおはなしえほん」というシリーズの中の一冊で農文協さんならではのおおらかなテーマ。これをまた大胆自由な作家、竹内通雅さんが描く事でとっても生き生き新鮮なおはなしになったようです。

表紙でひょろひょろっとしている妙な生き物、それがどうやらお話の主人公「おたねさん」。植物の種なのでしょうか?舞台はおたねさんのいる畑、大きな木や植物、色々な動物がそれぞれが楽しそうに暮らしています。そしてこの絵本の何よりの見所はなかなか普通は絵本に於いてスポットをあびることはないであろう「土」なのです。何だかむくむく不思議な力を秘めている様子。そしてその上で季節と共に移り変わっていく畑の景色が言葉少なでも迫力いっぱいに伝わってきます。はちきれんばかりのフレッシュな夏の野菜、激しい嵐、静かな冬。何かが生まれそうな土のチカラ・・・。
 そんな空気を感覚で感じる絵本なのかもしれません。

ベストレビュー

壮大な物語

春、夏、秋、冬。畑に訪れる生き物や植物の様子を描く。

2007年刊行。
特に説明はなく、絵を見て自分でいろいろ見つけたり、感じたり、考えたりして自由に楽しめる絵本。「おたねさん」が何者であるかはわからないが、なんとなくわかるような気もする。

私は、おたねさんは命だと思った。
映画「もののけ姫」に出てくる精霊のようなものに似ている気もする。
植物や小さい生き物の魂のようなものや、自然に存在する精霊のようなものが、私たちの畑にもいて(きっとどこにでもいるのだと思う)
作物や動物たちと一緒に暮らしているのだろう。

春夏秋冬の雰囲気が生き生きと伝わる。特に春の気持ちよさと、夏の爆発するエネルギーが楽しい。実りの季節が終わり、命が土に還っていき、眠って冬を過ごして、また春になって命が芽吹きだす。命のめぐりを誰でもわかるように、表現した壮大な作品だと思った。
この絵本は、何度でも見て楽しめる。
(渡”邉恵’里’さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


竹内 通雅さんのその他の作品

ふたごだよ / ながぐつをはいたねこ / あいたくなっちまったよ / へんてこレストラン / ぶきゃぶきゃぶー / ぐるぐるぐるぽん



2022年読書感想文課題図書でもある写真絵本

おたねさん

みんなの声(16人)

絵本の評価(3.65

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット