話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
100

100

  • 絵本
作: 名久井直子
写真: 井上佐由紀
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年02月05日
ISBN: 9784834085280

3〜5歳
206mm×233mm 24ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

「100」って、いったいどのくらい?

つみきでいうと、こんになに立派なお城が立つくらい。
きんぎょでいえば、水槽がいっぱいになるくらい。
風船でいうと……。

確かに小さな子どもたちにとって「100」という数字は=「たくさん」。具体的にイメ―ジするのは難しい。でも、その「たくさん」ある感じを写真で見せられるとこんなにワクワクするものなのです! これは発見です。

さらに登場するのは、100個の輪ゴム、金太郎飴、スーパーボールに貝殻、どんぐり。

その中で「1」と「100」の違い、重なった「100」とばらばらの「100」、「1」が「100」になったり、全部同じだけど違う「100」だったり…。何度も読みながら、そのたびに色々な発見をしていく子どもたちの嬉しそうな顔が目に浮かびます。写真絵本だからこそ、瞬時に伝わってくるものがあるのでしょうか。

大人としては、全ての写真を自然光で実際に100個集めて撮影している…という事実にワクワクさせられてしまいますよね。美しい絵本です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

100

100

出版社からの紹介

「100」って、いったいどのくらい? “いっぱい”っていうことはわかるけど、イメージしようとすると難しい……。この絵本では、どんぐり、貝がら、輪ゴムなど、子どもたちの身のまわりにあるものを100ずつ集めてみました。積み木が100個あったら、どんなお城ができるかな? 100匹の金魚がおよぐ水槽はどんなだろう? 自然光を生かして撮影された美しい写真で「100」をまるごと感じてください。

ベストレビュー

目で見る100という数

気になっていたこの本。図書館で見つけて「あった!」と思わず嬉しくなり、借りてきました。
1つの積み木の写真。ページをめくると、100の数字とともに、積み上げられたたくさんの積み木!
思わず数えてしまいました。
次のページには、金魚が1匹。ページをめくると100の数字とともに、たくさんの金魚!
迫力に圧倒されます。さらに赤い金魚の中にいる1匹の黒い金魚に目を奪われます。
思わず数えてみましたが、途中でわからなくなり断念。。
輪ゴムや金太郎飴、スーパーボール、貝殻、どんぐりと思わずいっぱい!と、100って数を実際に見て多さにビックリしました!
子どもたちもすっかり気に入ったようで、字は読めなくても「いっぱーい!!」と大喜びしていました。
(ピーホーさん 30代・ママ 女の子3歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

100

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 2
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット