季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
季節
しあわせいっぱい赤ちゃん絵本に〜っこりセット

しあわせいっぱい赤ちゃん絵本に〜っこりセット(くもん出版)

累計33マン部突破の大人気赤ちゃん絵本『に〜っこり』『おいし〜い』『おやすみ〜』が箱入りセットになりました! ギフトにおすすめです。

  • かわいい
  • ギフト
やさいのおにたいじ 御伽草子「酒呑童子」より

やさいのおにたいじ 御伽草子「酒呑童子」より

  • 絵本
作・絵: つるた ようこ
出版社: 福音館書店

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「やさいのおにたいじ 御伽草子「酒呑童子」より」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年02月05日
ISBN: 9784834085471

3〜5歳
194mm×267mm 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

京の都に、おそろしい鬼が現れました。さらわれた娘たちを救うため、知恵と勇気のある6人が立ち上がります。絵巻物などで知られる鬼退治の伝説ですが、その姿をよく見ると、敵も味方も、なんと野菜! 鬼はツノの生えたこんにゃく芋。味方の大将は、兜ではなく固い皮をかぶった竹の子。他の仲間も、金時にんじんや堀川ごぼうなどの京野菜に姿を変えています。大胆にアレンジされた「酒呑童子」の物語を、どうぞお楽しみください。

ベストレビュー

京野菜に京ことば

私の地元は、金太郎の伝説、大江山の鬼退治伝説があり
そのつながりで、この本を知りました。

鬼退治のお話が
疑似化された京野菜たちと、京ことばをまじえてつづられています。
祖母が京ことばだったので
話し言葉のところでは、なぜか
祖母の口ぶりが脳内再生され
とても懐かしい気持ちになりました。

オチのコンニャクイモの鬼がこんにゃくになってしまうところがツボでした。

伝統的なものを守っていきたいという気持ちが芽生えました。
(やこちんさん 50代・ママ 女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


つるた ようこさんのその他の作品

やさいとさかなのかずくらべ / しーっしずかに / だいこんとにんじんとごぼう / おとうと / ねぇだっこ / まめとすみとわら


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、評論、随筆、その他 > やさいのおにたいじ 御伽草子「酒呑童子」より

今月の新刊&オススメ絵本情報

やさいのおにたいじ 御伽草子「酒呑童子」より

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 1
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 6
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット