新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
琉球という国があった

琉球という国があった

  • 絵本
作: 上里隆史
写真: 富山義則
絵: 一ノ関 圭
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年02月05日
ISBN: 9784834085495

小学中学年
256mm×196mm 40ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

現在では、47都道府県のなかのひとつである沖縄県ですが、昔は「琉球王国」という、王さまが国を治める独立国で、日本とは別の国でした。東南アジアの国々や中国を相手に貿易で大変栄えていました。琉球王国が繁栄した陰には、明が琉球王国を破格に優遇したという事があります。では、なぜ小さな島国に過ぎない琉球王国を、大国明はそんなに優遇したのでしょうか。昔々の沖縄の歴史をたどり、その秘密にせまります。

ベストレビュー

知ることは学ぶことですね。

今では日本の47都道府県の1つ沖縄という県ですが、昔は「琉球王国」という国だったんですね。
大人の親の私すら詳しくは知らないことだったので、大人が読んでも歴史を知る1つになりました。
さすが福音館書店さんの本だな〜とも思いました。
絵本って幼児期だけでは勿体ないものも多くあるので、子供が小学生になっても大人の自分にも、よい絵本を見つけていきたいな〜と改めて思いました。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


上里隆史さんのその他の作品

琉球・沖縄 もっと知りたい!くらしや歴史

一ノ関 圭さんのその他の作品

漫画家本vol.11 一ノ関圭本 / おおふじひっこし大作戦 / 歴史を旅する絵本 夢の江戸歌舞伎


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本歴史 > 琉球という国があった

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

琉球という国があった

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット