話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
プレストとゼスト リンボランドをいく

プレストとゼスト リンボランドをいく

  • 絵本
作: モーリス・センダック アーサー・ヨーリンクス
訳: 青山 南
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年02月07日
ISBN: 9784001126884

28ページ

出版社からの紹介

プレストとゼストはある日、地獄の入り口、リンボランドに迷いこんだ。サトウダイコンの結婚式に怪物バンボがもってるバグパイプをプレゼントしないと、そこから出られないだって?! ふたりはバンボを探しにいくが……。かつてセンダックが演奏会のために描いた絵が、最高にヘンテコでゆかいな絵本になってよみがえりました。

ベストレビュー

突っ込み所満載で楽しい物語です。

脈略がなくて、まるで夢の中の物語みたいです。
でもここは、モーリス・センダックの世界。その脈略の無さ加減が楽しい物語でした。
この話は、もともと(今回文を書いた)アーサー・ヨーリンクスが、交響楽団で使うの詩に絵をモーリス・センダックに依頼したことがきっかけでできた物語だとか。
ばかばかしい中にもメリハリがあって、昔話のような冒険が待っているとても楽しいお話でした。
突っこみ所が満載です。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子20歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


モーリス・センダックさんのその他の作品

金の鍵 / かるいお姫さま / 英日CD付 かいじゅうたちのいるところ WHERE THE WILD THINGS ARE / 父さんがかえる日まで / ちょうちょのために ドアをあけよう / とてもとてもサーカスなフロラ

アーサー・ヨーリンクスさんのその他の作品

マミー?しかけえほん

青山 南さんのその他の作品

かんがえよう、コギト / すなの おしろ / あおいろペンギン / 水がすきじゃなかったアヒル / そばにいるよ / アパートのひとたち


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > プレストとゼスト リンボランドをいく

出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

プレストとゼスト リンボランドをいく

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット