新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

ポリネシアのごはん

ポリネシアのごはん

  • 絵本
作: 銀城康子
絵: マルタン・フェノ
出版社: 農山漁村文化協会

本体価格: ¥2,500 +税

「ポリネシアのごはん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年02月04日
ISBN: 9784540191633

264mm×216mm 32ページ

出版社からの紹介

フランス領のタヒチではパンノキの実やタロイモが主食だったが、現在はパンが欠かせない。伝統的な料理にフランスや中国の料理が混在する現在の食を紹介。特別なお祝いに食べるバナナの葉を使った石蒸し料理も。

ベストレビュー

支配された歴史を反映する食事

南太平洋のハワイ、ニュージーランド、イースター島を結んだ三角形の地域”ポリネシア”。その中のタヒチ島に暮らす一家をモデルに、普通の日と特別な日の食事を紹介する絵本。

大昔に東南アジアから渡ってきた人たちが住み着き、培っていった生活は、ヨーロッパ人がやってきて激変した。伝統的な食事は、ヨーロッパ人好みの気候に合わない無理な食事に変わっていき、島で取れるタロイモやパンノキなどにとって代わって高額な輸入食品が食事の主要部分を占めるようになった。
フランス政府は高級リゾート化や核実験などを島民に無理やり納得させ、環境破壊をし島民の命の源である食も奪った。この絵本では触れられていないが、意外と知らないタヒチやポリネシアの歴史を改めて調べてみたら、かなり悲惨な状況で絶句した。

一見、この世の楽園であるような南国の島々には、外部の人間からの侵略の歴史や失われた島の豊かさがあると知り、世界の見方が変わった。
南洋の国々に肥満の人が多い理由が、なんとなくこの食事の風景からわかったような気がする。
(渡辺諦さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


銀城康子さんのその他の作品

エチオピアのごはん / 絵本 世界に食事(24) ハンガリーのごはん / 日本のごはん / 絵本 世界に食事(21) ブルガリアのごはん / ポルトガルのごはん / モロッコのごはん

マルタン・フェノさんのその他の作品

絵本 世界の食事 14 スペインのごはん / ドイツのごはん / イタリアのごはん / フランスのごはん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 家事 > ポリネシアのごはん

2月の新刊&オススメ絵本情報

ポリネシアのごはん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット