つくろう! とびだす きょうりゅうはくぶつかん つくろう! とびだす きょうりゅうはくぶつかん
作: ジェニー・ジャコビー 絵: マイク・ラブ & ビアトリス・ブルー 訳: 田中薫子 監修: 平山廉  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
トリケラトプス、ティラノサウルスなど、5つのポップアップを自分で作る、ずかん絵本!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
昭和の子どもとお店屋さん 昭和30年代、東京・下谷竹町物語
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

昭和の子どもとお店屋さん 昭和30年代、東京・下谷竹町物語

  • 絵本
著・絵: 高部 晴市
監修: 小泉 和子
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2020年01月27日
ISBN: 9784333028221

小学中学年
257mm×182mm 64ページ

出版社からの紹介

絵本作家の高部晴市氏が育った、昭和30年代の東京の下町のくらしと、貧しくとも逞しく元気だった子どもたちの姿を、生き生きと描いた1冊。とうふ屋、駄菓子屋、風呂屋など懐かしのお店を、当時の思い出と共に解説します。絵に添えられた詩は、高部氏と共に育った双子の弟、高部雨市氏による書き下ろし。味のある絵とユーモラスな詩で、甘酸っぱい「昭和ノスタルジー」がここに甦ります。

■編集者コメント
絵本作家の高部晴市さんは、昭和25年に東京の下谷竹町(現在の台東区台東3丁目周辺)で生まれました。そこで過ごした幼少期の思い出を描いた絵を元に、今回、大人には懐かしく、子どもには新鮮な、昭和30年代のお店屋さんと子どもたちの様子を1冊にまとめました。監修は「昭和のくらし博物館」館長の小泉和子さんが務め、高部さんらしいユーモラスな絵を楽しみながら、昭和と令和のくらしの違いを解説付きで学べる内容になっています。

昭和の子どもとお店屋さん 昭和30年代、東京・下谷竹町物語

昭和の子どもとお店屋さん 昭和30年代、東京・下谷竹町物語

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


高部 晴市さんのその他の作品

へんかしら そうかしら / 紙芝居 からいもと どろぼう / 菌の絵本 なっとう菌 / しゅん / ニャントさん / ペッタン

小泉 和子さんのその他の作品

昔の道具大図鑑



みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

昭和の子どもとお店屋さん 昭和30年代、東京・下谷竹町物語

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット