話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
昭和の子どもとお店屋さん 昭和30年代、東京・下谷竹町物語
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

昭和の子どもとお店屋さん 昭和30年代、東京・下谷竹町物語

  • 絵本
作: 高部 晴市 高部 雨市
絵: 高部 晴市
監修: 小泉 和子
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2020年01月27日
ISBN: 9784333028221

小学中学年
257mm×182mm 64ページ

みどころ

氷をつかって冷やす、電気を使わない冷蔵庫。
食卓にならぶのは、お肉の代わりにクジラ肉。

そこは日本、東京は下町の風景。
今となってはすべてが新鮮!
元号が令和に変わり、平成さえ過去になった今、ほんの60年前までだれもが生きていた、近くて遠い「昭和」という異文化が絵本の中に蘇ります。
実際に昭和30年代の東京で子ども時代を過ごした著者らが描く本作は、子どもの目線から見た昭和の下町生活について、知ることができます。

お店の広告を背負って街をねりあるく、パフォーマンス集団「チンドン屋」。
ハエの死骸を封筒にいれて学校にもっていくと、ごほうびがもらえたという「衛生週間」。
今となっては見られない文化や風習を、当時の子どもたちはどう思っていたか?
映画館や駄菓子屋など、現在も残る文化が、昭和のころにはどういう姿だったのか?

「たのしそうでうらやましいな……」と思うところもあり、「こんなのぜったい耐えられない!」とおどろかされるところもあり——
ほんの60年くらい前、日本はこんなにも今と違ったのかと思うと、その変化の早さに目を見張ります。
子どもたちの生命力をそのまま描きこんだような楽しげなイラストと、実体験にもとづく思い出を語るような解説とがあいまって、あたかもそのときその場で下町の空気を吸っているような、濃密な昭和体験が味わえます。

いざ童心にかえり、昭和30年代の日本にタイムスリップ!



昭和の子どもとお店屋さん 昭和30年代、東京・下谷竹町物語

昭和の子どもとお店屋さん 昭和30年代、東京・下谷竹町物語

出版社からの紹介

絵本作家の高部晴市氏が育った、昭和30年代の東京の下町のくらしと、貧しくとも逞しく元気だった子どもたちの姿を、生き生きと描いた1冊。とうふ屋、駄菓子屋、風呂屋など懐かしのお店を、当時の思い出と共に解説します。絵に添えられた詩は、高部氏と共に育った双子の弟、高部雨市氏による書き下ろし。味のある絵とユーモラスな詩で、甘酸っぱい「昭和ノスタルジー」がここに甦ります。

ベストレビュー

知らない時代を見てみよう。

昭和30年代の東京下町の暮らしが描かれた1冊です。
戦後10年くらいでしょうか。
きっと日本はまだまだ貧しい時代だったかもですが、未来に明るい希望を持っている感じの時代にも思いました。
知らない時代を垣間見れる楽しい1冊でした。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


高部 晴市さんのその他の作品

へんかしら そうかしら / 紙芝居 からいもと どろぼう / 菌の絵本 なっとう菌 / しゅん / ニャントさん / ペッタン

小泉 和子さんのその他の作品

戦時下のくらし 283 / 掃除道具 / 昔の道具大図鑑


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 伝記 > 昭和の子どもとお店屋さん 昭和30年代、東京・下谷竹町物語

ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

昭和の子どもとお店屋さん 昭和30年代、東京・下谷竹町物語

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット