新刊
さかなくん

さかなくん(偕成社)

水の外の小学校に通うには、準備がいります。

  • かわいい
  • ためしよみ
新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

「土地と財産」で読み解く日本史

「土地と財産」で読み解く日本史

著: 大村大次郎
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年11月29日
ISBN: 9784569843964

279ページ

出版社からの紹介

元国税調査官が、「大化の改新」以降の土地と財産の歴史にガサ入れ!
日本の「土地と財産」の歴史は、ほかの地域に比べてかなり変わったものである。日本では古来、大資産家や豪族の持つ広大な土地、財産を没収し、国民に分け与えるということを幾度も行ってきた。中世以降、土地や財産の一極集中はあまり進まず、近代にいたるまで貧富の差はそれほど大きくならなかった。江戸時代の農村などでは、農地を村全体の共有財産としているような地域もあったのだ。本書では「班田収授の法」や地租改正などの世界史上まれにみる土地制度の変遷をたどり、日本の本質に迫る。
●蘇我氏暗殺は「土地の国有化」のため/●大地主だった中世の寺社/●信長が「直轄領」をほとんど持たなかった理由/●明智光秀の「本能寺の変」の一因は、信長独特の領地政策にあった/●徳川家康は“史上最大の資産家”だった/●事実上の農地解放だった“地租改正”/●中途半端な土地規制がバブル崩壊を招く

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


大村大次郎さんのその他の作品

お金の流れで見る戦国時代 / 世界通貨を発行せよ! コロナ不況から人類を救うお金革命 / 税金の表と裏の教科書 / 龍馬のマネー戦略 教科書では絶対に教えない幕末維新の真実 / やってはいけないお金の貯め方 / 家康の経営戦略 国づくりも天下泰平もカネ次第


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 日本歴史 > 「土地と財産」で読み解く日本史

『たんぽぽのちいさいたねこちゃん』なかやみわさんインタビュー

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット