新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
いちご

いちご

  • 絵本
作: 荒井 真紀
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年02月19日
ISBN: 9784097250524

小学中学年
32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

いちごを育ててみよう! 自然観察絵本

夏の課題図書となった『ひまわり』、2017年度ブラティスラバ世界原画展金のりんご賞を受賞した『たんぽぽ』と、自然観察の絵本で評価の高い荒井真紀さんの新刊『いちご』です。小学館からは、『チューリップ』に続く第2弾です。

いちごを育てると、どのように成長するかを美しい細密画で表現しました。イラスト科学絵本です。

いちごを食べると口の中でプチプチプチと音がします。何の音でしょう? いちごの苗を植えて育ててみましょう。どんな風に葉っぱは生えていますか? 絵本を見ながら自然観察をたのしめる一冊です。


【編集担当からのおすすめ情報】
子ども、大人も大好きないちご。苗から育てると、簡単にいちごを収穫できます。
絵本で自然観察をした後に、実際にお子さまと育ててみましょう。
自然を見る目が、変わってくると思います。
細密画は、みずみずしいいちごのイラスト

いちご

ベストレビュー

いちごの観察

リアルな描写が印象的な荒井真紀さんによる、いちごの観察絵本です。
もう、表紙から、いちごのみずみずしさが伝わってくるクオリティがさすがです。
まずは、食べた時のプチプチ感に注目です。
この感覚、まさに科学の目です。
そして、いちごの生育について観察していきます。
冬場、藁(Straw)を敷き詰めるので、ストロベリーですね。
いちごの実のできる様子は、やはり感動です。
さらには、断面の解説には、なるほど!
大人も学ぶところが多いと思います。
ラストは、美味しさに焦点が当てられ、まさに食育。
小学生くらいから、ぜひ、五感で感じてほしいです。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


荒井 真紀さんのその他の作品

まどのむこうの くだもの なあに? / あずき / チューリップ / まるいものの なかに / たんぽぽ / あずき



食品ロスについて知る入口となる絵本  『ほうれんそうカレー ききいっぱつ!』田中六大さん&入馬さん兄弟インタビュー

いちご

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 1
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット