新刊
いないいないばあ にゃあにゃのゆびにんぎょうセット

いないいないばあ にゃあにゃのゆびにんぎょうセット(童心社)

日本一の絵本『いないいないばあ』からかわいい指人形付のギフトセットが登場!

  • かわいい
  • ギフト
りんご だんだん

りんご だんだん

  • 絵本
作・写真: 小川 忠博
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年02月14日
ISBN: 9784751529614

小学中学年
196mm×211mm 32ページ

みどころ

真っ赤なりんご。つやつやのりんご。
このまま置いておいたら、りんごはどうなるのでしょう……?
そんな視点から食器棚にりんごをしまったまま、346日にわたって観察しつづけた写真記録絵本です。

0日目の「りんごつるつる」からはじまって、89日目、119日目、じーっと見ているとだんだん……。
151日に「りんごしわしわ」。
207日には内部に汁がたまって「りんごぱんぱん」。
220日には水分が外に出ていくにつれ「りんごしなしな」。

きっとほとんどの人が目にしたことのない、食べられなかったりんごの「その後」、346日という長い旅。
真っ赤でつやつやだったりんごは、最後にどうなるのか!?

種明かしをすると、20個体ほどのりんごを置いておいた結果、ほとんどが原型をとどめずに朽ちていったそうですが、本書のりんごだけは、奇跡的に種まで虫に食べられて「りんごの影」のようになったそうです。
ぜひ実際に手にとって、写真とともにりんごが変わっていく様を見てくださいね。

自然界のふしぎや、考えたことのない未来へ、子どもの好奇心を刺激する写真絵本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

真っ赤なリンゴ、ずっとしまっておいたらどうなるの?だんだん、だんだん……。だれも見たことのない、変わりゆくリンゴの姿を追った346日の写真記録絵本!

ベストレビュー

究極の定点観察

いたって普通のりんごを、究極の定点観察した科学絵本です。
定点観測?
ええ、346日!?
条件さえよければ、そこそこ長期保存できるはずですが、
やはり、200日も超えると、すさまじいですね。
カビどころではありません。
崩壊していく様は、ある意味めったに見れない光景だけに、
やはりしっかり見届けましょう。
そして、そこに息づく生き物の気配。
気の遠くなる撮影ですが、写真家魂を感じました。
小学生くらいから、科学の心を感じてほしいです。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小川 忠博さんのその他の作品

2020年 縄文カレンダー 土の中からでてきたよ / ぼくらのおうち / くっく くっく / かみコップのフェスタ / 土の中からでてきたよ / ポッペンポッペン


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 農林業 > りんご だんだん

『あっぷっぷのぷ〜』 すずきまみさんインタビュー

りんご だんだん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット