宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
くうちゃんがないた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くうちゃんがないた

  • 絵本
作・絵: みなみくうくう
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「くうちゃんがないた」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

くうちゃんがないてるよ くうちゃん どうしたの?・・・くうちゃんすごいね くうちゃんすごいぞ おおきなこえだね・・・くうちゃんわらったよ ないてわらって わらってないて、い・い・き・も・ち! 泣きを肯定した絵本です。

ベストレビュー

これぞ赤ちゃん!

水の中に浮かんでいるような赤ちゃんの泣き顔が、とてもかわいい絵本です。お魚たちやお月様も「どうしたの?」と心配してくれるのですが、くうちゃんはずーっと泣いています。でも、その泣いている顔が何ともかわいいのです。何だか癒されるような気もします。子供がもう大きくなってしまった私としては、「こんな時もあったなぁ‥」と懐かしいような気持ちにもなりました。
途中でにっこりと笑ってくれるくうちゃんですが、「あしたのことは わかりません」と絵本の最後にあるように、また明日には泣いてしまうかもしれません。でも、泣くのも笑うのもあかちゃんにとっては「いいきもち!」なんだなぁ、と気づかせてくれる絵本でした。
私もそうでしたが、赤ちゃんに泣かれてしまうと、つい「どうして泣くの!」と強くいってしまいがちですよね。でも、この絵本に出てくる魚たちやお月様のように優しい言葉で接してあげれば赤ちゃんの気持ちも穏やかになるのかもしれません。お子さんを膝の上に乗せて、ゆったりとした気持ちで読んであげて欲しい絵本です。
(すずらんぷさん 40代・ママ 女の子13歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


みなみくうくうさんのその他の作品

もも もも てんしの かぞえうた



「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

くうちゃんがないた

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット