オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
☆うさこ☆さん 30代・ママ

大きな石が主人公
この絵本は大きな石(=オオイシさん)が…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
しらゆきちりか ちっちゃいな
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しらゆきちりか ちっちゃいな

  • 児童書
作: 薫 くみこ
絵: 大島 妙子
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 1章ためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2020年02月04日
ISBN: 9784569789163

小学校低学年から
A5判上製/80ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

あいうえお順で並んだ教室の座席。
「しらゆきちりか」の後ろに座ったのは「すずきたいすけ」。声も体も大きくて、なんだかライオンみたい。そう思ったら、本当にライオンに見えてきました。

ライオンはちりかのことを「ちび」と呼んだり、後ろからおさげを引っ張ってきたり、替え歌でからかってみんなで笑ったりします。前の席の「さとうさん」は、「すずきくん、ちりちゃんがすきなんだよ」と言いますが、そんなことはありません。だって大好きな給食のプリンまで食べてしまうのですから。

ライオンの存在がこわくて、学校に行くのが嫌になってしまったちりか。けれどもさかあがりの練習がきっかけでふたりの関係に変化が訪れます。さかあがりに苦戦するライオンを見て、あることに気がついたちりか。ちりかのひと言がきっかけで、たちまちさかあがりができたライオン。それまでいくら頑張ってもできなかったのに、ちょっとしたことで突然できてしまったことに驚いたふたりはもうおかしくて、大笑い。何度も読み返したくなるとびきり素敵な場面です。しかしこの後、またもや複雑な気持ちになる出来事が訪れて‥‥‥。

こわそうなクラスメートにびくびくして学校に行きたくない気持ち、からかわれて嫌な気持ち、意外な面を発見しておどろく気持ち、はじめてさかあがりができた時の誇らしい気持ち。ちりかが感じるさまざまな気持ちは、読む子どもたちにもどこか身に覚えのあるものではないでしょうか。こういう気持ちどこかで知ってる‥‥‥なんて思いながら、楽しく読めてしまうでしょう。

作者は、絵本『あのときすきになったよ』の薫くみこさん。ちりかとライオンの関係が少しずつ変わっていく様子が実に丁寧に描かれていきます。困ってばかりだけれど、想像力が豊かだったり、口数は少ないながらもちゃんと言いたいことを伝えるちりかちゃんも可愛らしく魅力たっぷりに描かれます。さらにこのお話を楽しくしてくれるのが、大島妙子さんの挿絵です。特筆すべきは、子どもたちの表情の豊かさ。 困っているちりかの表情と、ちりかをからかうライオンのなんとも嬉しそうな表情の対比、またお友達の山本さんの目をくりくりさせた好奇心いっぱいの表情など、絵からもどんどん子どもたちの気持ちが溢れてくるようです。

クラスメートのいろいろな面や気持ちに目を向ける視点が養われる、等身大の子どもたちに寄り添った幼年童話。小学1、2年生の子どもたちにとくにおすすめです。

(秋山朋恵  絵本ナビ編集部)

しらゆきちりか ちっちゃいな

しらゆきちりか ちっちゃいな

出版社からの紹介

「やだなあ」……なんでわたしが、学校に行くのが嫌かというと、後ろの席に「すずきたいすけ」というライオンがいるからです。
大きくてこわくて……ライオンみたいだなと思っていたら、だんだんライオンに見えてきました。ライオンは、わたしのおさげを引っ張ったり、替え歌をうたったりして、からかってくるのです。

さかあがりができないライオンは、放課後、さかあがりの練習をしていました。わたしもできなかったので練習をしていましたが、何度か練習するとできるようになりました。
そこで、わたしがライオンにアドバイスをしてあげると……ライオンもできるようになったのです。ライオンは自分でも驚いていて、わたしたちは目が合ったとたん、声を合わせて大笑いをしました。

それから夏休みが明けた日、先生からライオンが引っ越したと聞いて……。

好きの裏返しで、ちょっかいを出してしまう男の子。
それが本気で嫌だと思ってしまう女の子。
ふとした出来事から仲良しになっていく姿は、等身大の低学年そのもの。
ふたりのやりとりが愛おしく心温まる幼年童話。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


薫 くみこさんのその他の作品

ぞぞぞぞでんしゃ / スパイガールGOKKO 異界からのラブレター / スパイガールGOKKO 極秘任務はおじょうさま / ちいさいごみしゅうしゅうしゃ ぱっくん / スパイガールGOKKO / ポプラ世界名作童話(13) 若草物語

大島 妙子さんのその他の作品

はなやのおばさん / 食べるのだいすき よみきかせ絵本 きんぴらきょうだい / 紙芝居 おばけいぬの おハナちゃん / オニのサラリーマン じごくの盆やすみ / やぎこ先生 いちねんせい / 落語ねこ


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 日本文学、小説・物語 > しらゆきちりか ちっちゃいな

『ねぇ、ママ? 僕のお願い!』つんく♂さん 初絵本出版記念インタビュー

しらゆきちりか ちっちゃいな

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット