話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
話題
バムとケロのカレンダー2021

バムとケロのカレンダー2021(文溪堂)

今年もバムとケロのカレンダーが出来ました!

アリババの猫がきいている
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アリババの猫がきいている

  • 児童書
著: 新藤 悦子
絵: 佐竹 美保
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2020年02月06日
ISBN: 9784591165829

222ページ

出版社からの紹介

東京で一人でくらすイラン出身の言語学者アリババが飼い始めたペルシャ猫の子猫シャイフは、イランのバザールで福を招くと言われる長老族の猫で、人の言葉を解する猫だった。
あるとき、アリババは海外出張のため、友人で民芸品店を営む男性、石塚さんにシャイフを1週間あずけることに……。そして、初めて石塚さんの部屋にとまった夜、シャイフは民芸品たちと話ができることに気づく。
アフガニスタンで遊牧民の花嫁を乗せるラクダを飾るひも(ひも姉さん)、アフガニスタンの古都ヘラートで作られている吹きガラス(青いグラスくん)、イランのハチ飼いが使っていたミツバチの巣箱のふた(タイルばあさん)、ペルーのアマゾンの学校の先生が作った動物の人形たち(アマゾンのやんちゃたち)――遠い国からやってきた民芸品たちは、毎晩、順番に驚くべき身の上話を語っていく。
そして店にはイラン出身の少女ナグメや、日系ペルー人の少年タケルがやってきて……。

民芸品たちの波乱万丈の物語をきいた子猫シャイフが、彼らにつながる遠い国の人々を思い、民芸品たちに託された願いをかなえようとする姿が胸を打つ、異色のファンタジー!

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


新藤 悦子さんのその他の作品

空とぶじゅうたん(2) / 空とぶじゅうたん(1) / スプーンは知っている / 手作り小路のなかまたち / ヘンダワネのタネの物語 / ロップのふしぎな髪かざり

佐竹 美保さんのその他の作品

セラピードッグのハナとわたし / 秘密に満ちた魔石館(2) / ハリー・ポッターと死の秘宝<新装版> 上 / ハリー・ポッターと死の秘宝<新装版> 下 / 十年屋(4) ときどき謎解きいたします / ハリー・ポッターと謎のプリンス<新装版> 上


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > アリババの猫がきいている

【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

アリババの猫がきいている

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット