新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
今、伝えたい「いのちの言葉」

今、伝えたい「いのちの言葉」

著: 細谷 亮太
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「今、伝えたい「いのちの言葉」」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年11月01日
ISBN: 9784333024124

一般
判型・ページ数:240ページ

出版社からの紹介

本書は、40年にわたり小児がんや白血病の子どもたちと向き合ってきた、聖路加国際病院副院長・小児総合医療センター長である細谷亮太氏の「いのちのメッセージ」です。「人間は亡くなったらおしまいではありません」と語る細谷氏――。
天国に旅立っていった200人の子どもたちの姿や言葉を通して、今を一生懸命に生きることの大切さを子育て世代の親や若い世代に伝える一冊になっています。

【ここがポイント】
・子育て世代の親や若い世代に平易に「いのちの大切さ」を伝える内容になっている。
・「誰にでも死は訪れること」「死が終わりではないこと」をわかりやすい言葉で語っている。
・「今を懸命に生きることの大切さ」を改めて伝える一冊になっている。

【編集者コメント】
「一生懸命に生きた子どもたちは、大事な思い出や言葉を残してくれています。私たちは、その豊かなプレゼントを決して忘れてはいけないのです」――。
天国に旅立っていった200人の子どもたちと触れ合ってきたからこそいえる重く深い言葉です。著者の優しく温かい眼差しを感じて欲しいと思います。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


細谷 亮太さんのその他の作品

いのちって、なんだろう? (3) いのちは なぜたいせつなの? / いのちって、なんだろう? (2)いのちに終わりはくるの? / いのちって、なんだろう? (1)いのちはどこからきたの? / 「いのち」の重み 小児科医と臨床宗教師が語る「心の処方箋」 / ゲーゲー ピーピー おなかのびょうき / まいにち からだは あたらしい!


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 日本文学、評論、随筆、その他 > 今、伝えたい「いのちの言葉」

2月の新刊&オススメ絵本情報

今、伝えたい「いのちの言葉」

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット