話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
絵本 世界に食事(24) ハンガリーのごはん

絵本 世界に食事(24) ハンガリーのごはん

  • 絵本
作: 銀城康子
絵: 山本正子
出版社: 農山漁村文化協会(農文協)

本体価格: ¥2,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「絵本 世界に食事(24) ハンガリーのごはん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年03月03日
ISBN: 9784540191640

257mm×210mm 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

コロンブスの航海がもたらしたパプリカは今や100品種以上。生や、乾燥、ペースト、パウダーのパプリカは料理に欠かせない。豚肉でつくるサラミの種類が多く国宝の豚も飼育。ヨーロッパ有数の農業国の食と暮らし。

ベストレビュー

パプリカ全面押し

ヨーロッパの内陸国ハンガリー。7カ国と国境を接し、海がなく、国土の半分が農地という。畜産製品や保存食を活用した素朴な献立が印象的。庶民の日常の食事と、食にまつわる文化や歴史などを紹介する絵本。

ハンガリーといえば、難しい言語、数学者のピーター・フランクル氏、パプリカ。どれもあまりなじみがないが、特にパプリカを多用する煮込み料理が有名だとか。
パプリカは唐辛子の仲間を一くくりにして当地では言うそうだ。辛いものも、辛くないものもみんなパプリカ。赤い粉になったパプリカを料理に多用する。色で食欲も出るし、栄養も優れているとか。
全く未知な世界を体験した。
食事が冷たい料理(保存食を切って並べるとか)をよく食べているのは、寒くないか心配。もっとも、寒さに強い住宅を前もって用意してあるだろうから、家の中は温かいのかもしれない。同じものばかり食べていて栄養が偏らないだろうか…もっとも、どこの国でも流通が発達したり、交流が盛んになる前には、自分たちの地域でとれるものだけで生活してきたのだろうから、大丈夫なのだろうけど。
割と気軽で、簡単でいいなと思った。シンプルな生活が素敵だ。
(渡辺諦さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

銀城康子さんのその他の作品

エチオピアのごはん / ポリネシアのごはん / 日本のごはん / 絵本 世界に食事(21) ブルガリアのごはん / ポルトガルのごはん / モロッコのごはん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 家事 > 絵本 世界に食事(24) ハンガリーのごはん

2月の新刊&オススメ絵本情報

絵本 世界に食事(24) ハンガリーのごはん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット