宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
びっくりいろあそび
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

びっくりいろあそび

  • 絵本
作・絵: チャック・マーフィー
訳: きたむら まさお
出版社: 大日本絵画

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年
ISBN: 9784499303804

174×171×21mm・10頁

この作品が含まれるテーマ

【動画公開中】

このコンテンツを見るためにはJavaScriptを有効にしてください。Please enable JavaScript to watch this content.

出版社からの紹介

各ページ、モノトーンの背景に色のついた四角いしかけがついています。
しかけを動かすと、色鮮やかな生き物たちがあらわれます。











ベストレビュー

初対面の子どもたちの心をぐっとつかむ「

小学校の朝の読み聞かせや中学生のおはなし会で紹介しました。

色ごとに、その色を連想する生き物が、
さまざまなしかけによって登場します。

連想する生き物をあてっこしながら、
子どもたち参加型で行うと、とても盛り上がります。

学校が始まったばかりの4月や
初対面の子どもに読み聞かせをされるとき、
また、ちょっとだけ時間が余ってしまったときなどに、
おすすめだと思います。

また、この絵本ちょっと裏技があります。

表紙に紫色のちょうちょが描かれています。
表紙を若干長めに見せておいて、
紫色のページになったとき、
「みんな もうわかっているよね。だって最初にみせたもんね。」
と言うと、まれではありますが、ちょうちょだとわかる子どももいます。
観察力の鋭さに驚かされます。


小さなお子様からおとなまで幅広い年代で楽しめる一冊だと思います。
(ゆきぽんずさん 40代・ママ 女の子11歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


チャック・マーフィーさんのその他の作品

びっくりかたちいぬあそび / びっくりはんたいねこあそび / ひっぱりいろあそび / びっくりかずあそび

きたむら まさおさんのその他の作品

おとがなるしかけえほん はたらくのりもの / ひとをたすける のりもの / リボン / ふゆのまえのおとしもの / F1レースであそぼうよ / サマー



こんにちは!世界の児童文学&絵本

びっくりいろあそび

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.78

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット