話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
うさぎのバレエだん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うさぎのバレエだん

  • 絵本
作: 石井 睦美
絵: 南塚 直子
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2020年03月03日
ISBN: 9784097250500

小学中学年
273mm×215mm 24ページ

出版社からの紹介

バレエがもっと大好きになる物語

バレエのレッスンで上手く踊れなくてしょげていた、かこちゃん。
「うさぎみたいに、はねて はねて、かろやかに」
上手になりたいなあと思いながら、とぼとぼ歩いていると、桜林の向こうで
くるくるステキに踊る男の子と出会います。
「なんてじょうずなのかしら。ほんとうに うさぎみたい」

「うさぎのシンデレラをみにこない?」
男の子に誘われて、夜、桜劇場にバレエを見に行くと…。
そこは、うさぎたちのバレリーナが踊るうさぎのバレエ団でした。



【編集担当からのおすすめ情報】
ベストセラー絵本『うさぎのくれたバレエシューズ』の続編として、30年の時を超えて、ついに出版されます。待望の絵本です。

ベストレビュー

あのバレエ絵本の続編

うさぎのくれたバレエシューズの続編です。
うさぎ、バレエというワードと、そして目をひく南塚直子さんの絵で、一目で、もしや!とピンときました。

バレエが上手になりたいかこちゃん。
少年に誘われてうさぎのバレエを見に行きます。
素晴らしい踊りに目を奪われ、気づけば舞台に立っていました。

今回も、幻想的なお話で、南塚直子さんの絵がとても綺麗でした。
(tori.madamさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


石井 睦美さんのその他の作品

ラブレターをもらったら / 角川つばさ文庫 小説 一度死んでみた / 愛しいひとにさよならを言う / あきのセーターをつくりに / ぼくたちは卵のなかにいた / もみの木

南塚 直子さんのその他の作品

やさしいたんぽぽ / なぞなぞアンデルセン / 月まつりのおくりもの / ぽぽとクロ / ことり / のはらのスカート


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > うさぎのバレエだん

【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

うさぎのバレエだん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット