新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
いたずらのすきなけんちくか

いたずらのすきなけんちくか

  • 絵本
作: はた こうしろう 安藤 忠雄
絵: はた こうしろう
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,760

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年02月27日
ISBN: 9784097250562

小学全般
303mm×216mm 40ページ

出版社からの紹介

世界的建築家・安藤忠雄はじめての絵本

世界的な建築家安藤忠雄原作、人気絵本作家はたこうしろうが絵を担当した、安藤氏初の絵本です。安藤氏設計で2020年春オープン予定の『こども本の森 中之島』。絵本の舞台はこの『本の森』です。
新しく出来たこの図書館に来た小学生の兄と妹は安藤さんによく似た謎のおじさんに館内を案内されます。案内されるうちに、知らず知らずのうちにいろいろな疑問が湧いてきます。なぜたてものをつくるのか、きもちのいいいえとはなにか、すみやすさはどこからくるのか、そしてけんちくかってどんなしごとなの?おじさんは、ひとつひとつにていねいにこたえてくれました……。。
1冊の絵本を通して、子供にわかりやすく建築のことを教えてくれる今までにない内容です。安藤氏のエッセイとスケッチ、絵本に出てくる安藤建築のリストも収録。安藤ファンはもちろん、大人の読者にも読み応えのある作品です。帯文は、指揮者の佐渡裕氏と同館名誉館長・京都大学IPS細胞研究所所長の山中伸弥氏が寄稿されています。
安藤忠雄氏と建築がよくわかる、楽しくてためになる絵本です。

【編集担当からのおすすめ情報】
安藤忠雄設計で2020年春オープン予定の『こども本の森 中之島』との連動企画です

ベストレビュー

魅力的な絵本。

建築家さんの発想力とその面白さ楽しさが、はたこうしろうさんの描くどこかオシャレな画風で、より魅力的に表現されていて見応えを感じました。
我が家の子供も、建築や設計に興味があるので、開いてみてほしいなぁと思っています。
こういう、いたずらなら、大歓迎ですね!!(笑)
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


はた こうしろうさんのその他の作品

ほらふき男爵の大旅行 / まいごのモリーとわにのかばん / めいたんていサムくんと なぞの地図 / ぼくとがっこう / 二平方メートルの世界で / なのだのノダちゃん(5) おもちゃの国へようこそ

安藤 忠雄さんのその他の作品

100年インタビュー 歩きながら考えよう


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > いたずらのすきなけんちくか

松嶋菜々子さんの朗読で楽しむJ.K.ローリング書き下ろし童話『イッカボッグ』

いたずらのすきなけんちくか

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット