宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ももんちゃん あーん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ももんちゃん あーん

  • 絵本
作: とよた かずひこ
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2007年04月
ISBN: 9784494001446

2歳〜
B5変型判・21×18.7cm・24頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


作者とよたかずひこさんにインタビューしました!

みどころ

野原の真ん中で、りっぱなたてがみのおとうさんライオンと、ももんちゃんと同じくらいの背丈がかわいいあかちゃんライオンと、ももんちゃんがお食事をしています。
まるいテーブルを囲んで、おとうさんライオンとあかちゃんライオンは、ハンバーグをガツガツガツ、カツカツカツ。そしてももんちゃんは、おにぎりをもぐもぐもぐ。
ライオン親子はあっという間に食べちゃって、あかちゃんライオンは「あ〜〜〜ん」とお口を大きくあけます。するとももんちゃん、残りのおにぎりをあかちゃんライオンにあげちゃいます(あら、やさしい!)。
そしてこんどは、ももんちゃんが「あ〜〜〜ん」。
おとうさんライオンとあかちゃんライオンはももんちゃんのお口のなかをのぞきこんで・・・(なんて言ったかというと?)・・・ヒントは、あかちゃんのお口のなかのかわいい「あれ」ですよ。あれ!

裏表紙ではおかあさんのおひざにころんと寝転がって、ハミガキしてもらっているももんちゃん。
「おしょくじをしたんだって」「のこりのおにぎり、あげたんだって」と子どもたちに話しかけるように読める、語り口も魅力。
全編、心をきゅーっとつかまれる場面だらけ。見どころはここ!と選べないくらい。ももんちゃんのかわいさに脱帽!の「ももんちゃんあそぼう」シリーズ9冊目です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

ももんちゃん あーん

出版社からの紹介

もぐもぐ、おにぎりを食べるももんちゃん。すると、あかちゃんライオンが、あーんしたんだって。

ベストレビュー

かわいいのです

このももんちゃんの絵本の語り口は
「〜したんだって」というもの。

これが心地よかったです。絵本を読むというより、普段話しているときのようなテンポがえられたこと。

そしてももんちゃんがかわいかった♪
このかわいさをぜひ読んで味わって欲しいです。

この本を読んでからハンバーグ屋さんにいったとき、3歳の娘はお父さんに「ベロンして」とお皿を差し出していました。ちゃんとおぼえているんだな〜と思った瞬間でした。
(はぐぶ〜さん 30代・ママ 女の子10歳、女の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


とよた かずひこさんのその他の作品

いすちゃんです。 / ふうせんゆらゆら / あがりめ さがりめ / きんぎょさんとめだかさん / めろんさんがね・・ / おんなじおんなじ ももんちゃん



『にんじゃかぞえうた ひみつのてがみじゃ!』 さいとうしのぶさんインタビュー

ももんちゃん あーん

みんなの声(59人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?

パパの声 1人

パパの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット