新刊
ともだち いっしゅうかん

ともだち いっしゅうかん(偕成社)

人気シリーズの番外編! リズムにあわせて楽しく読んでください♪

  • かわいい
  • ためしよみ
新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
恐竜トリケラトプスとあくまのもり

恐竜トリケラトプスとあくまのもり

  • 絵本
作・絵: 黒川 みつひろ
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,100

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年03月14日
ISBN: 9784338276122

幼児から
25×19cm・32ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

黒川みつひろさんが描く大人気恐竜絵本、「恐竜だいぼうけん」シリーズ。
今作では、おなじみトリケラトプス親子のビッグホーンとリトルホーンが活躍します!

舞台は大昔のアメリカ大陸。
ビッグホーンとリトルホーン、プテラノドンのプテラぼうやの3匹は、
ふるさと目指して旅をしている途中、恐竜ウネンラギアの嘘にだまされて、
「あくまのもり」の奥へとおびき寄せられてしまいます。

そこで待ち構えていたのは、恐ろしいギガノトサウルスとその子分の肉食恐竜たち。

いっせいに襲い掛かってきた子分たちを、ビッグホーンは軽々蹴散らします(かっこいい!)。
リトルホーンも、ウネンラギアへ体当たり!
けれども、ひときわ大きいギガノトサウルスとの戦いは、なかなか決着がつきません。
するとどうしたことか、戦いのさなか、急にビッグホーンがその場から走り出したのです。
「にげたぞ。おいかけろ!」ギガノトサウルスも子分たちも走っていくビッグホーンを追いかけます。
いったいビッグホーンに、何があったのでしょう?
ビッグホーンたちは、「あくまのもり」から無事に脱出できるのでしょうか?

また、強敵ギガノトサウルスは、全長約13メートル。 作者の黒川みつひろさんは、間近にその全身骨格を観察されたそうです。
「大きな頭骨の形や、手の3本指など、ティラノサウルスとは、まったくちがう肉食恐竜のすがたをしていることにおどろき、ぜひトリケラトプスとたたかわせてみたくなりました」(巻末「作者のことば」より)
ぜひ黒川さんの描き出すギガノトサウルスの迫力を絵本で楽しんでください。
恐竜についての知識や制作のエピソードも楽しめる「作者のことば」も、このシリーズのみどころのひとつ。おはなしと合わせて親子で楽しんでくださいね。

今回は肉食恐竜たちを倒すためのビッグホーンの作戦がみどころです。
この先もどんな強敵が現れるのか、ドキドキ待ち遠しいですね。

(掛川晶子  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

ないている恐竜のために「あくまのもり」にはいったトリケラトプス。おそろしいギガノトサウルスたちが、まちかまえていて……。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


黒川 みつひろさんのその他の作品

恐竜トリケラトプスとケツァルコアトルス / 恐竜トリケラトプスとティラノきょうだい / 恐竜トリケラトプスとゴルゴサウルス / 恐竜トリケラトプスとスピノぼうや / 恐竜トリケラトプス はじめてのたたかい / トリケラトプスとダスプレトサウルス プレトのぼうけんのまき


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > 恐竜トリケラトプスとあくまのもり

『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

恐竜トリケラトプスとあくまのもり

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット