せかいかえるかいぎ せかいかえるかいぎ
作: 近藤 薫美子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
せかいかえるかいぎが あるらしい──。こんなうわさが、かえるたちの間に広まって、世界中のかえるたちが大集合します!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ねえさんの青いヒジャブ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねえさんの青いヒジャブ

  • 絵本
作: イブティハージ・ムハンマド S・K・アリ
絵: ハテム・アリ
訳: 野坂 悦子
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ねえさんの青いヒジャブ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2020年03月31日
ISBN: 9784776409632

小学中学年
260mm×260mm 33ページ


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

みどころ

今日はねえさんが、ヒジャブを選ぶ日。
ねえさんのアシヤは、ママが差し出したピンクじゃなく、青い海の色のヒジャブを選んだ。
新学期の明日から、アシヤははじめて青いヒジャブをつけて、学校にいくんだ……。

ヒジャブとは、イスラム教徒の女の人が、髪の毛をおおいかくすのに使う布のこと。
この絵本は、はじめてヒジャブをつけて登校するお姉さんを、妹の目線で描いたものです。

妹のファイザーは、「青いヒジャブをつけたアシヤは、まるでプリンセスみたい」と誇らしく思います。
その一方で、学校の子の目が気になり、ねえさんは大丈夫かしらと心配でたまりません。
校庭では「そのテーブルクロス、頭からひっぱって、はずしてやろうか!」とゲラゲラ笑う男の子の声もきこえます。
でも、にっこり笑うねえさんを見て、ファイザーはほっとします。

実は、作者のイブティハージ・ムハンマドさんは、アメリカの選手としてはじめてヒジャブをつけてオリンピックに出場した人なのです。
2016年のオリンピックではフェンシングの団体戦で銅メダルを受賞しました。
イスラム教徒であることに誇りを持ち、「ヒジャブはわたしの一部」「宗教や外見で人を差別するべきではない」という信念をもつイブティハージ・ムハンマドさん。
キリスト教徒が国民の大半を占めるアメリカで育ち、ヒジャブを身につけていることでからかわれたつらい経験があるそうです。

彼女の実体験をもとにしたストーリーを、児童文学作家S.K.アリが詩のような言葉にし、画家のハテム・アリが生き生きとした絵で描いて、美しい絵本に仕上げています。

わが家の子どもたちに「電車やバスで、こんなふうにスカーフみたいなもので髪をおおっている人を見たことある?」とたずねると「うん」とうなずいていました。
「見たことはあるけれど、どういう意味かはわからなかった」と言う子どもたちにとって、絵本を読み「ヒジャブ」という名前を知ったあとでは、それを身につける人への印象もちょっと変わったようでした。

ヒジャブをつけている人が、どんな気持ちでその色を選んだのか、なぜ身につけているのか……。日本の子どもたちにとっても、想像するきっかけになったらいいですね。

絵本の中で、ファイザーとアシヤのママが語る言葉がとても素敵です。
いじわるを言われたときの心の切り替え方も、きっと誰もが参考になる、気持ちいいアドバイスですよ!
差別やいじわるは身近にあるものですが、ヒジャブを身につけたアシヤのように、堂々と生きていきたくなります。
空のように、海のように……。
青という色からやさしい強さを感じられる絵本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

ねえさんが選んだ青いヒジャブ。
身に着けると、ねえさんはまるでプリンセスみたい。
でも、そんなねえさんのヒジャブを悪く言ったり、笑ったりする子もいる。
いもうとのファイザーは、ねえさんの姿に、強さと希望を感じ……。

イスラム教徒の女性が髪の毛をおおうのに使うヒジャブ。そのヒジャブを身に着けてオリンピックに出場した初めてのアメリカ人選手、イブティハージ・ムハンマドの作品です。さかいめのない、空と海の青のように、偏見や差別のない社会を願ってかかれた作品です。

ベストレビュー

ヒジャブをつける

この絵本で、イスラム教の女性が頭につけている布をヒジャブと呼ぶことを、初めて知りました。
そして、アメリカ人の中にいるイスラム教の女性たちのおかれている境遇について考えました。
初めてヒジャブを着けたとき、アシアは強い決意を持ったに違いありません。
回りの人間の偏見と無理解にも、毅然としている強さが必要だからです。
多くのイスラム教徒が住んでいる場所ならば違和感のない習慣が、アメリカという国ではとても難しいに違いありません。
ヒジャブを着けてオリンピックで入賞まで果たしたアシアは、アメリカに住むイスラム教信者に勇気と力を与えたのだと思います。
異文化理解にとても役立つ絵本です。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


野坂 悦子さんのその他の作品

ぼくといっしょに / おいで、アラスカ! / レナレナ / ばらいろのかさ / 映画ってどうやってつくるの? / ジバンシィとオードリー ―永遠の友だち―


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > ねえさんの青いヒジャブ

パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

ねえさんの青いヒジャブ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット