新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
シートン ショートセレクション 森の物語

シートン ショートセレクション 森の物語

  • 児童書
著者: アーネスト・T.シートン
絵: ヨシタケシンスケ
訳: 今泉 吉晴
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

クリスマス配送につきまして

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年02月
ISBN: 9784652203361

小学校高学年, 中学生〜
サイズ:B6判 ページ数:223ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

野生はどこにでも、宿る。
わたしの、そして、あなたの中にも。

世界の文豪、その名作短編がスラスラ読める「世界ショートセレクション」シリーズ14作目は、アーネスト・トンプソン・シートンの物語!

『シートン動物記』で知られるシートンは、つぶさに自然を観察することで、動物の生態や進化の秘密にせまり、その生涯で多くの論文や物語、絵画をのこしました。

動物を主人公にした物語、動植物にまつわる興味深い気づきや言い伝え、そして、シートン自身の体験からつむがれる、動物と人間との戦いの記録など——
本書に収録されている著作のジャンルはさまざま!
学者としても、作家としても活躍したシートンの魅力を、幅広く味わうことのできるラインナップです。

たったいま卵から孵ったばかりのコガモと、その母親を待ち受ける過酷な試練。
無防備な彼らには、あまりにも敵が多かった。
キツネ、ハヤブサ、ヘビ、そして人間。
干上がってしまった池から、あらたな池までの長い旅路を、コガモたちは無事に終えることができるのか?
——「母さんコガモと陸路の旅」

多くの犬のしっぽの先が白いのはなぜ?
身を落ち着けるときに、犬がその場でくるくる回る理由は?
そして、シートンが思い描く原始人類の生活と、現代人の行動に刻まれた彼らの習慣とは?
現代という時代においても変わらない、様々な動物に宿る野生の証を解き明かす!
——「飼われた動物の野生」

夜な夜な牧場の動物を狩り、それでいて決して人間に捕まることも、駆除されることもない狼。
クルンパの地に住む狼たちの王、その名は『ロボ』。
そのあまりの暴虐に多額の懸賞金がかけられるも、ロボは「ル・ガルー(狼男)」と呼ばれるほど賢く、凄腕のハンターたちをも翻弄していた。
そして、動物に関する知識を頼られロボの駆除を依頼されたシートンが、クルンパの地を踏む。
シートン VS 狼王ロボ!
胸を撃ち抜かれる、あまりにも意外なその結末とは?
——「ロボ クルンパのオオカミ王」

他2編収録。

「これでもか!」と、みどころだらけの本書なのですが……
自然に対する圧倒的な観察力で裏打ちされた、「動物視点」のリアリティーが特にみどころ!土の匂いを吸えるほど低く、あるいは空にふれるほど高く、より自然に近い視線から眺めた、人間が見るのとは違う高さからの自然。
そして、そんな世界を生きる動物たちの、心のうち。
そうした描写の現実感は、なまなましく思えるほど!

たとえば、冒頭の一編である「母さんコガモと陸路の旅」をみても——
母コガモが命をかけて守る卵、そのひとつひとつが命の温かみを宿してそこにあること——
そして、それに対する愛情と不安が、まるで彼女から直接話を聞いているかのように、はっきりと感じ取れるのです。

動物のふしぎを知ることができるエッセイとしても、あるいは、自然と対峙するシートンの活躍を描いた物語としても、ばつぐんにワクワクさせてくれるおすすめの一冊です!

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

野生動物の観察、記録から、人と動物の間を世に伝えたナチュラリスト・シートン。野生はどこでも育つと感じられる「森の物語」や野生動物の芯の強さを描いた「ロボ クルンパのオオカミ王」など5編を厳選し新訳でお届けする。

編集者コメント
開拓地での野生動物の観察、日記での記録、そして執筆と、生身をもって知り得た「野生」を自らのものとし、人々に自然と動物と人間との実情、理想を伝えつづけたナチュラリスト・シートン。シートンは、作品を通して、人間のなかには自然に呼応する心があり、どこにも野生は息づいている、と語っています。人間もまた自然の一部、野生動物であり、共存するいずれにも優位に立っているなどということはない、と改めて気づかされる。

ベストレビュー

大人になって初めて読みました

シートン動物記は有名ですが、読んだことはありませんでした。
ショートセレクションということもあってか、短編で読みやすかったです。
ですが、動植物の生き方がこんなにドラマチックに描かれるものなんだなぁと感心しました。とくにオオカミ王ロボの話はドキドキと切ない気持ちになりました。
(ちびっこおばちゃまさん 30代・その他の方 女の子2歳、男の子0歳、男の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アーネスト・T.シートンさんのその他の作品

子グマのジョニー 

ヨシタケシンスケさんのその他の作品

楽しみ方リーフレット付き It Might Be an Apple イギリス版 / どうしちゃおうボックス / かもしれないボックス / トーマス・マン ショートセレクション 道化者 / 大人も知らない? ふしぎ現象事典 / あんなに あんなに

今泉 吉晴さんのその他の作品

地球の生きものたち〔決定版〕 / シートン動物記 サンドヒルのシカ スタッグ / シートン動物記 下町のネコ キティ / シートン動物記 コウモリの妖精アタラファ / シートン動物記 コウモリの妖精アタラファ [図書館版] / シートン動物記 大草原のウマ ペイサー


絵本ナビホーム > > シートン ショートセレクション 森の物語

装丁も新たにボードブックとして登場した、レオ・レオーニの名作『あおくんときいろちゃん ボードブック』

シートン ショートセレクション 森の物語

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット