話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
ぼくのうた、なんだっけ?
  • 全ページためしよみ
  • ちょっとためしよみ

ぼくのうた、なんだっけ?

  • 絵本
作: ヘンドリック・ヨナス
訳: いしかわ もとこ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年05月13日
ISBN: 9784033485201

3〜5歳
230mm×210mm 41ページ

出版社からの紹介

春。小鳥たちの結婚の季節。歌をうたって仲間をさがします。それなのに、ちいさい小鳥は、自分の歌を忘れてしまいました。ひとりではさびしくて、ちょっと考えてから、くちばしを開いて高らかに鳴くと……その声に応えてやってきたのは、なんと犬でした! あれれ、まちがえちゃったみたい。ええと、ぼくのうた、なんだっけ? それから次つぎとちがう歌をさえずるたびに、ぶたや牛や猫がやってきて……。さまざまな動物たちに励まされながら、思いつく限りの歌をうたう小鳥のもとに、小鳥の女の子はやってくるでしょうか? おっちょこちょいな小鳥と、親切な動物たちとのやりとりが楽しい、ドイツ生まれの絵本。シンプルでユーモアあふれるテキストは、読み聞かせにぴったり! いっしょに読めばきっと、くすくす、あはは! と、じんわり笑いが広がっていくことでしょう。

ぼくのうた、なんだっけ?

ぼくのうた、なんだっけ?

ベストレビュー

愛らしい絵本

全ページ、お試し読みで読みました。
彼女を見つけることができない可哀そうな小鳥さんが
鳴いてみるたびに、どうぶつが増え、
しかも、みんなやさしくて、一緒に考えてくれます。
どんどんお友達が増えますね。
小さい人と一緒に読んで、
みんなの鳴き声をまねると楽しそうだなと思いました。
(capellaさん 70代以上・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

いしかわ もとこさんのその他の作品

めくってあそべるしかけ絵本 マウスとあそぼう / マウス おでかけしようよ / マウス いまなんじ? / マウス はる なつ あき ふゆ / マウスのメリークリスマス


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > ぼくのうた、なんだっけ?

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

ぼくのうた、なんだっけ?

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 1
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 6
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット