話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
ぱんつさん

ぱんつさん(ポプラ社)

ずぼずぼずぼっとあらわれた、ぱんつさん。いっちに、いっちに、たいそうをはじめるけど…。想像を超える展開がクセになる本。

クラクフのりゅう ポーランドの昔話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

クラクフのりゅう ポーランドの昔話

  • 絵本
作: アンヴィル奈宝子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2020年05月23日
ISBN: 9784033485102

3〜5歳
250mm×210mm 36ページ

出版社からの紹介

ポーランドの昔話の再話。昔ポーランドの首都だった(現在はワルシャワ)クラクフにある、ヴァヴェル城にまつわるお話で、観光ガイドさんは、お城の下にある大きな穴の説明をする時、このお話をします。このお城の地下に、いつのころからか住むようになったりゅうは、大きくなって、動物も人もまるのみしてしまい、ひとびとから怖れられていました。とうとう困った王さまは「恐ろしいりゅうを退治したものは、王女と結婚できる」というおふれをだしました。ところがたくさんの強そうな男達がかかっていっても、あまりの恐ろしさに逃げ出してくる始末。お城に住むかしこい靴職人のドゥラテフカが、智恵を絞って、りゅう退治にのりだします。おそろしいりゅうも、どこかユニークで、のびのびとしたイラストで描かれた昔話です。

クラクフのりゅう ポーランドの昔話

クラクフのりゅう ポーランドの昔話

ベストレビュー

ドゥラテフカの竜退治

ポーランドの危機を救ったドゥラテフカの活躍の物語です。
本当は恐ろしいはずの竜が、なぜか可愛らしく見えるので、竜が人や羊を呑み込むところも、緊迫感があまりないので不思議な絵本です。
靴やさんが王さまになったというサクセスストーリーですが、王さまになっても靴やを続けるという、ドゥラテフカは素晴らしいです。
(ヒラP21さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

アンヴィル奈宝子さんのその他の作品

どうぶつ うたえほん / ラスチョのせんすいかん / ラスチョのせつじょうしゃ / じいちゃんのステッキ / ラスチョのひこうせん / ねむねむねんねん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > クラクフのりゅう ポーランドの昔話

【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

クラクフのりゅう ポーランドの昔話

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット