話題
しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.

しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.(フレーベル館)

ひらいてビックリ!めくって楽しい!しっぽをさわらずにはいられない!

新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
おこんじょうるり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おこんじょうるり

作: さねとうあきら
絵: 井上 洋介
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1977年
ISBN: 9784652020067

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

いたこのばばさまに助けられたおこんぎつねが、ばばさまにおんがえし。日本人の情緒をうたいこんだ、「よい絵本」選定の名作です。

ベストレビュー

深く感動

泣ける絵本として紹介されていました。
泣くことはありませんでしたが、
深く感動させられました。

昔話のように描かれているので、
言葉も味わいがあり、
絵もかわいいというよりは昔っぽいのですが
5歳児は言葉が難しかったようで
「よくわかんない」と言いながら寝落ちしましたが、
7歳児は静かに聞き入っていました。

目が見えなくて、いたこのおばあさんが
きつねと助け合いながら、
いきいきとしてくる様子がほほえましく、
ちょっとした笑いもあり、
それが余計に最後の場面で切なく感じられました。
(まことあつさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ

さねとうあきらさんのその他の作品

東京石器人戦争 / ねえ / ゆきこんこん物語 / 四谷怪談 / 信太の狐 / たこやはちべえりゅうぐうたび

井上 洋介さんのその他の作品

エースケをさがせ / まぼろしえほん / ホウホウフクロウ / きんのつののしか / つきよのふたり / こぶたのぶうくんと しりとり



ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

おこんじょうるり

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.82

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット