まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
「言葉」が暴走する時代の処世術
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

「言葉」が暴走する時代の処世術

著: 山極 寿一 太田 光
出版社: 集英社 集英社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥780 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年12月17日
ISBN: 9784087211016

173mm×106mm 192ページ

出版社からの紹介

「今、引きこもってるヤツに言いたいね。お前今、哲学者並みにいい経験してるよって」――太田 光
「相手を理解したいなら、食事に誘うこと。同じ動作をしながら会話するのがいいんです」――山極寿一

いつでも、どこでも、誰とでもつながれる時代。
しかし、かえって意思疎通がうまくいかないと感じることはないだろうか。
「分かってもらえない」といった日常の出来事から、SNSでの炎上、引きこもりなど、コミュニケーションが断絶されるケースが増えている。
この問題に、爆笑問題の太田光と霊長類学者の山極寿一が挑む。
ときに同意し、ときに相反しながらたどり着いた答えとは――?
私たちは誤解している。
大切なのは、「分かってもらえない」ではなく、「分かろうとすること」、「そっと寄り添うこと」なのだ。
コミュニケーションに悩むすべての人に贈る処方箋!

【目次と主な内容】
はじめに――太田光
序 章 「新しい」人間の登場─ディストピアへ続く道
●「引きこもり」は「問題」なのか?●もうセックスする必要はない?●ディストピアの原因は「言葉」にある
第一章 「言葉」が暴走する世界への対処法
●あえてスマホは持たない●対面だからこそ伝わる●AIに似てきた子どもたち
第二章 今、失われつつあるもの
●言葉にも身体性が必要●想像力が人を進化させた●「型」を失い始めた日本
第三章 ケンカの目的は和解にある
●対話と討論の決定的な違い●本来、戦いの目的は勝ち負けではない●人を攻撃する武器になった言葉
第四章 「言葉」だけに頼ってはいけない
●親しくなりたいなら一緒にメシを食おう!●主体性を「言葉」で測るのは間違い●プレゼン上手の東大生と下手な京大生
第五章 「伝える」のではなく、「寄り添う」ことを
●プレゼン上手はコミュ力が高いのか?●コミュ力は、表現力より周囲の理解●プライドをちょっと低くする
あとがき――山極寿一

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山極 寿一さんのその他の作品

ヤクシマザルを追って / スマホを捨てたい子どもたち 野生に学ぶ「未知の時代」の生き方 / 虫とゴリラ / ゴリラに学ぶ男らしさ 男は進化したのか? / 講談社の動く図鑑MOVE mini 動物 /  講談社の動く図鑑 MOVE 動物 新訂版

太田 光さんのその他の作品

憲法九条の「損」と「得」 / 絵本 マボロシの鳥


絵本ナビホーム > 一般 > 新書 > 社会 > 「言葉」が暴走する時代の処世術

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット