話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

子どもの心はどう育つのか

子どもの心はどう育つのか

著: 佐々木 正美
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

税込価格: ¥946

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2019年10月10日
ISBN: 9784591164389

158ページ

出版社からの紹介

その子らしさを愛してあげて――

誰よりも、子どもに寄り添った名医が、「生きづらさ」の本質を語った。

親、保育者、子どもを見守る大人たちにどうしても伝えたかったこと。


不登校、ひきこもり、うつ、摂食障害……生きづらさは、心の発達課題が鍵となる。


子どもは、0〜2歳は信頼、2〜4歳は自律、4〜7歳は積極性など、その年齢に適した発達課題がある。その課題を果たせないと、心が未熟で、ひきこもりやうつなどの原因になることもある。子どもの心の成長を正しく理解すること、そして、大人になっても、未成熟である部分を自覚することが人間として豊かに生きることにつながる。
※本書はエリック・H・エリクソンのライフサイクル論をもとに、発達・成熟段階の考え方を佐々木正美氏が展開したものになります。


佐々木正美(ささき・まさみ)
児童精神科医。1935年、群馬県生まれ。2017年没。新潟大学医学部卒業。ブリティッシュ・コロンビア大学児童精神科、東京大学精神科、東京女子医科大学小児科、小児療育相談センターなどを経て、川崎医療福祉大学特任教授。臨床医としての活動のみならず、地域の親子との学び合いにも力を注いだ。専門は児童青年精神医学、ライフサイクル精神保健、自閉症治療教育プログラム「TEACCH」研究。糸賀一雄記念賞、保健文化賞、朝日社会福祉賞、エリック・ショプラ―生涯業績賞などを受賞。『子どもへのまなざし』(福音館書店)、『子どもの心の育てかた』(河出書房新社)、『子育てのきほん』(ポプラ社)など育児、障害児教育に関する著書多数。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

佐々木 正美さんのその他の作品

子どもが喜ぶことだけすればいい / この子はこの子のままでいいと思える本 / 子育てのきほん / はじまりは愛着から 人を信じ、自分を信じる子どもに / 子どもの心の育てかた / どうか忘れないでください、子どものことを。


絵本ナビホーム > 一般 > 新書 > 教育 > 子どもの心はどう育つのか

2022年夏に読みたい 出版社いちおしの絵本・児童書・図鑑8選!

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット